特集

内田理央さんに学ぶ!「大人白Tシャツ、上手な着こなし方」

初めてCLASSY.に登場してもらった撮影日、内田理央さんが着ていた私服はシンプルな白Tにブルーデニムでした。そう、私たちの夏の制服といえばTシャツ。飽きずにずっと着ていたいから、新鮮な着こなしを考えてみました。

内田理央が履きこなす「ハイブランドの白スニーカー」6選

白T×デニムはレザー小物であえてキレイめに着る

この組合せ、もう何年している?普遍的なコーディネートほど「今の気分」を上手に反映したい。今年はスポサンやかごバッグより、堅さのあるレザー小物を選ぶと新鮮。白T×デニムのコーデこそ更新!

Tシャツ¥9,900(グラフペ

Tシャツ¥9,900(グラフペーパー)デニムパンツ¥28,600(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)腰に巻いたGジャン¥38,500(サンディニスタ/トゥー・ステップ)バッグ¥77,000(土屋鞄製造所)サンダル¥17,600(パブリックトウキョウ/パブリック トウキョウ渋谷店)ネックレス¥33,000(ジャスティン デイビス/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)

FROM RIO

「やっぱり白Tとデニムが好き。究極にシンプルだからこそ、シルエットや生地にこだわったアイテム選びと小物を合わせて私ももっと素敵な大人になりたい!」

着用したアイテムはこちら

Graphpaper シルク混

Graphpaper
シルク混のなめらかな風合いが落ち感となり、カジュアルすぎない白T。今年は白T自体もキレイめが気分です。Tシャツ¥9,900(グラフペーパー)

撮影/谷田政史(CaNN・人物)、魚地武大(TENT・静物)モデル/内田理央 ヘアメーク/渡嘉敷愛子 スタイリング/斉藤美恵 取材/清水亮子 再構成/Bravoworks.Inc

「Tシャツ」関連記事

白でも、黒でもない!夏の無地Tシャツコーデ7選【ニュアンスカラー編】

ファッション業界人が「似合わなかった服」本音で座談会!!

夏に便利な「重ね着しても暑くないアイテム」9選

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus