特集

堀田茜が着こなす「大人可愛い、パリシックコーデのコツ」

日中はまだまだ暑いけれど、もうそろそろ秋服を着たい気持ちではありませんか?ほんのりシックな着こなしにシフトしたい、そんな季節の狭間の心を満たしてくれる〝パリっぽい装い〟をキーワード別にご紹介。堀田茜さんが着こなしてくれました。

堀田茜が着こなす「大人可愛い、パリシックコーデの秘密」

1.小物に赤を足す

小物で赤をひとさじパリジェンヌっぽい可愛さを宿して

  • 日中はまだまだ暑いけれど、もう
  • 日中はまだまだ暑いけれど、もう
  • 日中はまだまだ暑いけれど、もう

いつものコーディネートに赤を効かせるテクニックは、パリジェンヌが得意とするイメージ。この季節なら、モノトーンに赤をひとさじ入れることで、秋らしさがぐんと高まります。こちらは、Aラインのワンピースにハイカットの赤いコンバース。全身をあえてキレイにまとめすぎないことで、フレンチシックな印象に。ワンピース¥39,600(エッフェ ビームス/ビームス ハウス丸の内)ヘッドバンド¥17,600(アレクサンドル ドゥ パリ/アレクサンドル ドゥ パリGINZA SIX店)ピアス¥85,800(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)スニーカー¥6,380(コンバースインフォメーションセンター)バッグ¥124,300(トッズ/トッズ・ジャパン)

2.白シャツ+デニムをアップデート

定番のデニムをジェーン・バーキンっぽくはいてみる

フレンチシックを体現した女性、

フレンチシックを体現した女性、ジェーン・バーキン。そのベーシックスタイルである白シャツ+デニムを、今年らしくアップデート。シャツは一見シンプルだけれど、ボリュームスリーブで今季らしく。彼女のエスプリがさらりと日常に溶け込みます。ボリュームスリーブシャツ¥34,100(EVA MANN/THIRD MAGAZINE)デニムパンツ¥26,400(レッドカード/ゲストリスト)ストール¥39,600(アソースメレ/カオス表参道)サングラス¥39,600(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)パールピアス[右耳]¥59,400 ブレスレット¥39,600(ともにマリハ)リング¥16,500(シンパシーオブ ソウル スタイル/フラッパーズ)サンダル¥8,800(ティキーズ/エスケーパーズオンライン)かごバッグ¥132,000(エバゴス/マドリガル南堀江店)

撮影/菊地 史(impress+)モデル/堀田 茜 ヘアメーク/桑野泰成(ilumini) スタイリング/乾 千恵  取材/棚田トモコ 撮影協力/Book and Bed Tokyo 再構成/Bravoworks.Inc

「堀田茜」関連記事

堀田茜が着こなす「大人可愛い、パリシックコーデの秘密」

【堀田茜】きちんと見えする「ウエストゴムの楽な服」4つ

モデル・堀田茜が選ぶ「2021年春のベストデニム」大賞!

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus