特集

スタイリストが「雑誌の撮影で必ず使う10枚の服」【❷ダブルのジャケット】

CLASSY.の誌面を飾るアイテムが集結したコーディネートルームとよばれる部屋には担当者や企画内容に関わらず、必ず用意されている、なくてはならない服があります。それは、私たちの真髄である「センスのいいベーシック」「リッチなカジュアル」を形作るハズせない要素。その服とは?なぜ必要?最新ベーシックの今をご紹介します。

1回目の記事はこちら

スタイリストが「雑誌の撮影で必ず使う10枚の服」【❶タートルニット】

【ダブルのボックス型ジャケット】

カジュアルを格上げしてくれるネイビーと渋めチェックを

チェックジャケット¥26,000(アンクレイヴ)

さらに盛り上がり中のジャケット人気。買うべきはハンサムな存在感のダブルボタンでボクシーなデザイン。紺ブレとチェックの2種を揃えれば肩がけしても袖を通しても今っぽく仕上げてくれます。チェックジャケット¥26,000(アンクレイヴ)

💡借りる理由

①ただはおるだけで幅広いテイストが大人にまとまるから
ラフなデニムでも、甘いワンピでも、ボクシーなジャケットを重ねるだけでシャンとする。便利だし頼もしい大人のカジュアルにこそ必須の存在。(三好さん)

②着こなしのリッチ感をグンと高めてくれるから
なかでも好きなのは金ボタンの紺ジャケ。華やかで生真面目さを回避できます。軽いワンピもリッチに見せられます。(乾さん)

③ワンツーコーデに終わらないひと手間感が出るから
ニットとボトムのようなちょっと手抜きに見えそうな着こなしも、ジャケット効果で、オシャレ度が高まります。(大野さん)

袖を通して、肩がけで…存在感が魅力の主役はおり

  • ジャケット¥104,000(BA RENA/カレンソロジー 新宿)ブラウス¥9,000 (ハッシュニュアンス)デニムパンツ¥28,000(マ ザー/サザビーリーグ)バッグ¥54,000(FURLA /FURLA JAPAN)ローファー¥30,000(ジャラ ンスリウァヤ×デミルクス ビームス/デミルクス ビ ームス 新宿)イヤリング¥11,455(アビステ)

    デニムコーデを大人に導くチェック柄のジャケット
    モノトーンに重ねるチェック柄は、単色のものより柔らかい印象になるのがポイント。ブリティッシュな持ち味で上品見え。ジャケット¥104,000(BARENA/カレンソロジー新宿)ブラウス¥9,000(ハッシュニュアンス)デニムパンツ¥28,000(マザー/サザビーリーグ)バッグ¥54,000(FURLA/FURLA JAPAN)ローファー¥30,000(ジャランスリウァヤ×デミルクス ビームス/デミルクス ビームス新宿)イヤリング¥11,455(アビステ)

  • ジャケット¥22,000(ブラクトメント/ユナイテ ッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷 マークシティ店)ニット¥8,000(ハッシュニュアン ス)スカート¥9,900(ノーク)バッグ¥25,000(ヴ ィオラドーロ/ピーチ)ブーツ¥30,000(ダイアナ /ダイアナ 銀座本店)ネックレス¥4,200(フル オブグレイス/ZUTTOHOLIC)

    落ち感のあるプリーツスカートにプレッピーなニュアンスを添えて
    フェミニンボトムを引き締める、ネイビーのジャケット。ゴールドボタンを選ぶと華やかさもアップします。ジャケット¥22,000(ブラクトメント/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング渋谷マークシティ店)ニット¥8,000(ハッシュニュアンス)スカート¥9,900(ノーク)バッグ¥25,000(ヴィオラドーロ/ピーチ)ブーツ¥30,000(ダイアナ/ダイアナ銀座本店)ネックレス¥4,200(フル オブグレイス/ZUTTOHOLIC)

撮影/来家祐介(aosora)〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉 モデル/ケリー、鹿沼憂妃 ヘアメーク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/平沼洋美 レイアウト/椚田祥仁 取材/西道倫子

◆「ジャケット」アイテムの関連記事

2020年冬「オシャレに見えやすい重ね着テク」7選【大人女子】

アラサー女子の通勤服で着回しやすい「2本のパンツ」【ジャケットコーデ編】

実は「名作映画」に素敵なコーデが隠されている!【ジャケット編】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE