CLASSY.

特集

わざわざ行きたい!話題の中華「絶品の一皿」

今注目すべきは、「わざわざ食べに行きたい」看板メニューがある中華。鉄板が主役&麺が主役の人気店をご紹介します。

豪快に焼き上げる鉄板中華はカウンターが特等席

四谷三丁目 遊猿(ユウエン)

  • 柔らかい肉質の銘柄豚“極豚”のスペアリブを金針菜やマコモダケと炒めて。鉄板で焼くことで香ばしさが際立ち、噛み締めるほどに旨みが広がります。鉄板スペアリブの豆鼓炒め¥1,890

  • 「まずはこれを食べてほしい」と大内シェフが語る前菜の盛り合わせは2人前で¥2,900。蒸し鶏の香味ソースにスミイカの葱生姜和え、紹興酒に漬けたウニに合わせた湯葉など、一口ごとに楽しめる6品です。

  • コクのあるスープごと包んだ春巻。トロリとした揚げたて熱々を臆せずいただきたい! フカヒレと干し貝柱の春巻¥800

  • 鉄板を囲むカウンターはこちらの特等席。シェフの技に食欲をくすぐられるはず。

2016年9月にオープンしたこちらで腕を振るうのは、鉄板中華として人気が高い「シャンウェイ」出身の大内誠也シェフ。店内中央にはもちろん、鉄板を設えた厨房が。きめ細やかな前菜から鉄板で焼き上げたダイナミックな料理まで、多彩なメニューをカジュアルな雰囲気で楽しめます。

新宿区荒木町6-39 GARDEN TREE 2F

電03-6274-8987

営11:30~14:00(L.O.13:00) 18:00~23:00(L.O.22:00)

休日曜 http://you-en.jp/

NEXT

老舗製麺会社直営だからこそ味わえる絶品「麺」

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE