CLASSY.

特集

結婚式の「おもてなし」でゲストに喜んでもらうための5つのポイント【金城華乃子の結婚ブログVol.6】

皆さんこんにちは!CLASSY.読者&卒花嫁の金城華乃子(きんじょう かのこ)です。今年の7月に、沖縄の万国津梁館で130名規模のリゾート結婚式を行いました。この連載では、私の結婚準備~挙式当日までのリアルな情報をお届けしています。

今回は【ゲストへのおもてなし】に関して書きます。リゾ婚をされる方、披露宴をされる方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです!
沖縄↔東京の遠隔での結婚準備だったので、会場のプランナーさんに加えて東京のプランナーDream fate80に依頼をしました。全ての準備やゲストのケアなど全て全面的にサポートしてくださり、結果として本当にお願いして良かったと思います。

①ゲストの交通手段について

リゾートウェディングでは、ゲストの交通手段をどうするかを悩む方も多いと思います。私たちの場合は東京からの沖縄への招待者数が半分以上の人数だったので、自分達が負担出来る範囲になってしまいましたが、ご紹介致します。

  • 【お車代】遠方からのゲストにはお車代を用意。結婚式のお誘いの連絡をする段階で、お車代としてこちらが負担できる金額を伝えました。当日はお車代用の封筒にお金を入れて披露宴の受付で渡してもらいました。

  • 【会場までのバスの手配】会場の場所が那覇空港から1時間半かかる場所だったので、往復シャトルバスを手配しました。バスの幹事を1名たてて、水を配ったり点呼を取ってもらいました。

②メッセージカード

席名札、ホテル、余興や受付をしてくれた友人へのギフトなど、いたるところにゲストへのメッセージカードをセットしました。私は手紙を書くことが好きなので、手が痛くなるほど沢山書きました(笑)

  • 【席名札】ゲスト1人1人への席名札の内側に書くメッセージカードは、思い出の写真を貼り付けました。スマホに入っている写真を、カメラのキタムラで全員分印刷しました。L版を2分割にして、裏側はすぐに貼れるようにシール加工に。

  • 【ホテルに設置したウェルカムメッセージカード】会場に隣接しているブセナテラスに宿泊したゲストが多かったので、その方々に向けてオリジナルデザインのメッセージカードを準備しました。それぞれの部屋にカードをセットしたかったのですが、人数が多かったので間違いを回避するために、ホテルのチェックイン時にホテルの方から渡してもらいました。

③ギフト関連

引き出物とは別で、結婚式に役割をお願いした友人へのお礼や、ゲストのお子さんのために用意をしたプレゼントをご紹介します。

  • 【友人への御礼】受付、スピーチ、余興、バスの幹事など役割をお願いした友人への御礼は、JO MALONE(ジョーマローン)のキャンドルやボディクリームと手紙を送賓の際に渡しました。

  • 【お子さん用の引き出物】披露宴中にも遊べるような塗り絵セットと、お菓子の詰め合わせを用意しました。

④当日設置したもの

私が披露宴を行った会場は、あまりアメニティが充実していなかったので、必要そうなものを自分で準備しました。

  • 【お化粧室のアメニティ】汗拭きシート、制汗スプレー、ヘアピン、マウスウォッシュなど設置しました。ゲストからは「あって良かった!」という声があったので準備して良かったです。

⑤ゲストの衣装に関して

リゾートウェディングということもあり、ドレスコードは以下の通りで招待状でアナウンスしていました。
男性:ハーフパンツ、アロハシャツ、デニム、Tシャツなども可
女性:ノースリーブ、マキシワンピース、サンダルなども可
服装のことはゲストから質問を受けることが多かったので、お呼ばれ服のイメージの画像を共有したりもしました。また、両家家族の服は全員分こちらで用意しました。

  • 【家族の衣装】両家の両親、兄弟の衣装を全員分、YOKANGで用意しました。YOKANGは沖縄を代表するアパレルブランドです。男性はかりゆしウェアのシャツ、女性はドレスにして、同じ柄で柄を統一しました。会場の雰囲気ともピッタリでした!

  • 【ゲストのドレスコード】ブルーやグリーンなどの原色カラーで、リゾート感のある涼しげな服装で参列してくださりました。男性はアロハシャツかかりゆしウェアが多かったです。写真の友人の服のブランドは、左からスタニングルアー、マージュ、バースデーバッシュ、ドリスヴァンノッテンだそう♡皆さんとてもお洒落!

結婚式は、来てくれるゲストに楽しんでもらいたいもの。感謝の気持ちをどうしたら表現できるかな?とずっと考えながら準備をしていました。担当ウェディングプランナーDream fate80の中本典子さんには、ゲストへのおもてなしに関しても沢山相談をさせてもらいました!とても感謝しています。

何かご質問等がありましたら、InstagramのDMにて受付中です♪お気軽にどうぞ→@canocokinjo

★これまでの記事★
Vol.0「今どきリゾートウェディング」の裏側、全部見せます!▶こちらから
Vol.1「ウェディングドレス」は、運命の1着をオーダーメイド!▶こちらから
Vol.2 ドレス姿に華を添える、オシャレなブライダル小物って? ▶こちらから
Vol.3  3カ月で仕上げる究極の「花嫁美容」、全公開します!こちらから
Vol.4  オシャレなウェディング「前撮り」を成功させる5つのコツこちらから
Vol.5  全部オリジナル!失敗しない・ウェディング会場装飾&ペーパーアイテムこちらから

執筆したのは…
金城 華乃子(きんじょう かのこ)

CLASSY.の同世代読者。大学時代にニューヨーク留学を経験し、ファッション工科大学(FIT)でイベントプランニングを専攻。ANNA SUI本社でインターンシップも経験。
その後読者モデルをしながら、外資系化粧品ブランドで広告・イベント・PRなどを担当。イベント企画の経験を活かした自身の結婚式について、2019年8月よりCLASSY.ONLINEでウェディング連載記事の執筆をスタート。美容ライターとしても活動中。
Instagram @canocokinjo

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE