今ドキ大人女子たちの知られざる「ウェディングフォト事情」【セルフフォト写真館を活用】

結婚式と同じくらい「ウェディングフォト」に力を入れているカップルが多い昨今、以前と比べて選ぶロケーションや撮影方法も大きく進化。そこで、リーダーズとカップルズに最新のウェディングフォトを調査しました。CLASSY.がプロデュースしたウェディングフォトも必見です!

\リーダーズとカップルズはどう撮ってる?/ウェディングフォトのこだわりを調査!

トレンドに敏感なCLASSY.リーダーズとカップルズのウェディングフォトは驚くほど素敵なものばかり。これから撮影を控えている方はぜひ参考にしてみて。

みんなのウェディングフォト事情「セルフフォト写真館を活用!」

韓国発の「セルフフォト写真館」はカメラマンが不在のため、人目を気にせず、二人だけの空間でのびのびと撮影できるのがメリットです。なかには数千円で撮影できるところもあり、費用をグッと抑えられるのも嬉しい!

\CLASSY.読者31名にウェディングフォト事情をアンケート!/

25~35歳の既婚読者を対象にアンケートを実施。ますますウェディングフォトへの熱が高まっている様子が明らかになりました。

取材/岸本真由子 撮影協力/AWABEES 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup