特集

【カラードレスは主流じゃない?】コロナ禍で結婚式を挙げた人に聞いた「最新ウェディング事情」

「夫婦はこうでなくちゃ」なんて固定観念が過去のものになった今、ここ2年で結婚式のスタイルもどんどん変化していました。コロナ禍に結婚式を挙げた卒花嫁さんの取材からわかった、〝令和らしい〟最新ウェディング事情をお届けします。

【紙の招待状はもう古い!?】コロナ禍で結婚式を挙げた人に聞いた「最新ウェディング事情」

【令和のウェディング事情】ドレス、どうする?

ひと昔前まで主流だったチュールたっぷりのドレスに代わり、洗練されたシンプルなデザインが人気沸騰中!そのぶんヘアスタイルやアクセサリーにこだわる人も多いのだとか。

  • ひと昔前まで主流だったチュール

    「白無垢着たい!」
    「お色直しのカラードレスに興味が湧かず、親の勧めで白無垢をセレクト。ナチュラルな雰囲気の式場にマッチしていたのと、夫の新鮮な袴姿を見られたのがよかったです」(M.Oさん・アパレル関連)
    「日本に生まれたからには、絶対に白無垢が着たい!と常々思っていました。試着してみると意外にもしっくり。ゲストはまさか私が着物を選ぶとは思っていなかったようで、ある意味サプライズ演出に」(合田真由さん・アパレルPR)

  • ひと昔前まで主流だったチュール

    ヘアメークさん&フローリストは自分で探して指名
    【左】「朝野志保さんのヘアメークは、上品ながらどこか抜け感があり、私の思い描いていた理想像そのものでした!
    くすみピンクのドレスに合わせて、甘くなりすぎない無造作お団子ヘアをオーダーしました」(佐々木沙愛さん・アパレルディレクター)ヘアメークは朝野志保さん(@shiho.asano)を指名
    【右】「唯一無二の装花を提案してくれると確信し、式場を決める前からインスタグラムをフォローしていた廖莉玲さんを指名。スイートピーやラナンキュラスを用いて柔らかな雰囲気に仕上げてもらいました」(K.Tさん・金融関連)フローリストは廖莉玲さん(@riring_design)を指名

  • ひと昔前まで主流だったチュール

    ドレスに合わせるアクセサリーはECで自分らしいデザインを探して購入
    1.「ありきたりなパールピアスは避けたくて、『SOPHIE BUHAI』の4連デザインを選びました」(合田真由さん・アパレルPR)
    2.「マグノリアがモチーフになったゴールドピアスは『A.B.ELLIE』で購入。耳元でさりげなく揺らぐ感じがたまりません」(佐藤涼実さん・アパレルディレクター)
    3.「黒で揃えたネイルやシューズに合わせたかったのと、アップヘアのアクセントになる大ぶりのイヤリングが欲しくて韓国ブランド『baebae』で探しました」(A.Oさん・会社員)

イラスト/green K 取材/岸本真由子 再構成/Bravoworks.Inc

「最新ウェディング事情」関連記事

【紙の招待状はもう古い!?】コロナ禍で結婚式を挙げた人に聞いた「最新ウェディング事情」

【アルバムに力を入れるのは古い?】コロナ禍で結婚式を挙げた人に聞いた「最新ウェディング事情」

【プロポーズの方法、式の準備…】コロナ禍で結婚式を挙げた人に聞いた「最新ウェディング事情」

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus