特集

おうちごはんが10倍美味しくなる「お皿選び」のコツ【料理家さんの場合】

せっかく作った手料理を、適当な器にのせてササっと食べていませんか?食事は視覚で楽しむことも大切。器選びには一家言ありというあの人に、ベーシックな和食と洋食のメニューに合わせて、器を選んでもらいました。※使用した器はすべて私物です。

【和食】魚の蒸し煮

調理道具も器の一つとして活用。そのまま食卓へ、が谷尻さん流

おうちごはんが10倍美味しくなる「お皿選び」のコツ【料理家さんの場合】

バーミキュラのオーブンポットオーバルで金目鯛を蒸し上げ、そのままサーブ。調理道具は食卓でも映えるものを選ぶと便利。コーディネートには多くの色を使わず、料理が引き立つ黒と白を中心に。同系色でも異なる形や質感の器を組合せることで、重層的な美しさが生まれる。

【洋食】トーストとベーコンエッグ

見て触れて楽しめる作家ものと気軽なノンブランドを使い分ける

「器もご馳走のうち」という谷尻さんの言葉通り、吉田直嗣さんの平皿や青木良太さんの小鉢、アスティエ・ド・ヴィラットのカップといった上質なものを揃えつつ、ピッチャーはリーズナブルな無印良品。気兼ねなく使いたいアイテムはノンブランドを。余分な装飾がない、シンプルなデザインを選ぶのがコツ。

料理家・谷尻直子さん
代々木上原で完全予約制のレストラン「HITOTEMA」を主宰。現代のおふくろ料理をコンセプトに、シンプルでありながら味わい深いメニューを提案する。著書に『HITOTEMAのひとてま』(主婦の友社)がある。

撮影/土居麻紀子 取材/首藤奈穂

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE