恋愛

バレそうなのに…不倫カップルのデートを覗き見

アラサー女性のみなさんは、今までにいろいろな恋を経験してきたことでしょう。中には、“禁断の恋”の経験がある人もいるはず。今回は浮気や不倫をしているアラサー女性にどんなデートをしているのかをリサーチしてきました。浮気・不倫カップルのデートを覗き見します。

1.朝からゴルフデート(♀既婚×♂既婚)

「夜に会って帰宅が遅くなると怪しまれるので、朝から仕事ということにしてゴルフに行くことがあります。ハーフならお昼には終わるので怪しまれる心配もありません。その後、普通に休日出勤して時間を潰し、夕方になったら帰宅します」(32歳/美容関連)

朝から浮気をしているものの、その後、仕事をしている事実があるため「仕事に行ってくる」というのは嘘ではない、そうすると罪悪感も少なくなるのだとか。他にも、朝活デートは夜に会うよりもバレにくいとの声もありました。

2.営業偽りデート(♀既婚×♂既婚)

「同じ部署の男性と不倫中。お互い営業なので車で同行を口実に、外回り中にドライブデートしています。万が一、誰かに見られても傍から見ると営業中にしか見えないと思うので、堂々としています」(33歳/保険)

今回、浮気しやすい職種として「営業職」が多くあげられました。中には、不倫デートをしたいがために、日頃の仕事を頑張って調整して営業中の時間をやりくりしているというツワモノも。会社から一歩外に出ることで、周りの目から離れることができるのも羽目を外しやすくするのでしょうか。

3.打ち合わせという名の密室デート(♀独身×♂既婚)

「打ち合わせと称して、ホテルで待ち合わせをしています。お互い別々に部屋に入るのですが、万が一、探偵に付けられていても言い訳できるように、必ずPCや資料を片手に、いかにも打ち合わせという雰囲気を出します。ちなみに、ラブホテルは言い訳が通用しないので絶対に行きません」(28歳/イベント関連)

王道のホテルデートのようですが、ラブホテル以外の場所を選択すれば、言い訳は無限大にあるのだとか。探偵のことまで考え、万が一に備え徹底的に考え抜かれた密会計画のようです。

4.週末出張付き添い旅行(独身♀×既婚♂)

「既婚彼氏が出張族なので、月に一度は地方へ一泊二日で旅行に行きます。出張と言えば彼の奥さんも疑うことなく送り出してくれるようです。地方に行くので知り合いの目を気にせず、本当のカップルのように手を繋いで楽しんでいます」(29歳/商社)

もちろん、実際は出張しておらず、ただの口実。出張が頻繁にある職種の彼となら遠出もしやすく、コソコソせずに独身カップル同様のデートが楽しめるのだとか。お互い住んでいる地域から離れた場所をデートスポットに選択すれば、現実からも離れられ、2人きりの世界に入りやすそうですね。

5.堂々とできる観戦デート(独身♀×既婚♂)

「お互い好きなアーティストのライブや、スポーツの試合デートは、前後左右の観客ともノリでハイタッチや軽いハグなどをするので、彼とも堂々とスキンシップを取りながらデートができて、精神的満足度が高いです。もし誰かに見られても、『趣味が一緒だから(ライブ or 試合が)盛り上がっちゃって』と言えますしね」(30歳/会社受付)

会場が一丸となる場所でのデートは、スキンシップが堂々とできるため、「見られてはいけない、触れてはいけない」といった我慢をせずに楽しめて、精神的な満足度が高いそうです。デートスポットをお互いの趣味に絞り込めば、知り合いと遭遇する確率を下げることにも繋がりそうです。

 

浮気や不倫のデートというと、隠れてコソコソと会うというイメージがありましたが、実際にリサーチしてみると、そんなことはないようです。2人の世界で楽しめるデートをとはいえ、その代償はいつか払うことになるもの。取り返しのつかない事態に陥る前に、禁断の恋からは手を引きましょう。

浮気カップルはまだまだこんなこともしてますよ!

実は周りにバレにくい…浮気カップルのデートスポット4つ

「ホテルでサクッと…」驚き!浮気カップルのデート内容4つ

衝撃!浮気カップルがコッソリ送っている浮気LINE4つ

そんな場所で?浮気カップルがよく行くデートスポット6つ

(協力/都内在住独身女性11名 既婚女性7名)

文/岸川菜月 画像/Shutterstock(bbernard、Dasha Petrenko、Goran Bogicevic、maradon 333、Estrada Anton、Yulia Mayorova)

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE