CLASSY.

一生に一度は訪れたい!世界の絶景スポット5選【2020年最初の旅先はこれで決まり!】

2020年最初の旅先。どこへ行こうか検討中の方も多いのでは?リゾートでのんびり、シティで観光とショッピング、など旅の目的は様々ですよね!今年最初の旅は定番の旅先ではなく少し足を伸ばして絶景スポットを訪れてみるのはどうでしょう?そこで今回は25か国56都市を旅してきた筆者が実際に訪れた中から「絶景」に焦点を当ててオススメの旅先をご紹介していきます。是非今年の旅先決めの参考にしてみてくださいね!

世界の絶景スポット①壮大な大自然を体感!アメリカ最大の大峡谷【グランドキャニオン】

アメリカ・アリゾナ州北西部に位置する国立公園【グランドキャニオン】世界遺産にも登録されている絶景スポット。広大な面積を有する峡谷は約4,900km²と東京都二つ分がすっぽり入ってしまうほど。何百年にも渡るコロラド川による浸食が作り出した峡谷の深さは、最大で1,600メートル。自然が創り出したこの絶景を一度は見てみたいと世界中から観光客が集まるアメリカ屈指の人気観光名所です。

近くにあるアンテロープキャニオンやパワースポットとしても名高いセドナなどと合わせて周遊するのもオススメです。

【アクセス】
東京 羽田国際空港(HND)→ロサンゼルス国際空港(LAX) 9時間55分
ロサンゼルス国際空港(LAX)→ラスベガス国際空港(LAS) 1時間15分
ラスベガスから車で5時間

世界の絶景スポット②崖の上に広がる絶景!青と白の世界が美しい【サントリーニ島】

断崖絶壁に建てられた白い建物に青のドームが映える ギリシャの離島【サントリーニ島】。この美しい街並みはテレビや写真などで1度は見たことのある方も多いのでは?どこを切り取っても絵葉書のような景色が楽しめます。

世界一とも言われるイアの街からのサンセットは必見です。絶景だけでなくホテルのプールやショッピングなど、他の楽しみ方ができるのも嬉しいポイント。

【アクセス】
東京 羽田(HND)→ドーハ空港(DOH) 12時間20分
ドーハ空港(DOH)→アテネ国際空港(ATH) 4時間55分
アテネ国際空港(ATH)→サントリーニ空港(JTR) 45分

世界の絶景スポット③見渡す限りの砂漠!新旧が入り混じるアラブの国【ドバイ】

砂漠のオアシスとして都会的なビル群が立ち並ぶ【ドバイ】は異国情緒あふれる雰囲気が魅力。

ここで必ず訪れたい絶景スポットはドバイ中心部から1時間ほどの距離にある広大な砂漠。見渡す限りの砂漠の絶景を楽しんだら、ラクダに乗ったり、4WD車で砂漠をドライブしたり、日本では経験できないような貴重なアクティビティを楽しむこともできます。

【アクセス】
東京 羽田国際空港(HND)→ドバイ国際空港(DBX) 11時間50分

あわせて読みたい!

旅慣れアラサー女子、2020年は一体どこへ行く?【ドバイ編】

世界の絶景スポット④自然が創り出した島や奇岩が浮かぶ神秘的な絶景【ハロン湾】

ベトナム・ハノイから車で2時間30分ほどの距離に位置する【ハロン湾】。波と風の浸食によって出来た、大小合わせて3000を超える島や巨大な奇岩が湾に浮かぶ絶景は世界遺産にも登録されています。クルーズ船で湾を進んでいき、近くから島々をみることができ、とても神秘的な雰囲気が楽しめます。船内に宿泊するツアーや日帰りのツアーがあり、スケジュールに合わせて選択可能です。

【アクセス】
東京 羽田空港(HND)→ハノイ国際空港(HAN) 6時間25分
ハノイから車で2時間30分

合わせて読みたい

大注目の旅先【ベトナム】の定番シティから穴場リゾートまでを徹底比較!

ノスタルジックなランタンの世界…ベトナムの世界遺産「ホイアン」で行く、おすすめ街歩き観光

世界の絶景スポット⑤歴史的建築が立ち並ぶ!異国情緒漂うスペインの都市【グラナダ】

スペイン南部アンダルシア地方に位置する都市【グラナダ】。世界遺産「アルハンブラ宮殿」をはじめとするイスラム建築や文化が今もなお多く残り、歴史的建造物も多く見所満載です。丘から見下ろすアルバイシンの街並はまさに絶景。

緻密に計算されて作られたイスラム建築、アルハンブラ宮殿の内部は息を飲む美しさ!キラキラした景色や自然の壮大さとは 一味違う絶景を楽しむことができます。

【アクセス】
東京 成田国際空港(NRT)→マドリード国際空港(MAD)
マドリード国際空港(MAD)→マラガ国際空港(AGP)
マラガから車で2時間ほど

絶景を満喫する旅はアクティブに動ける今だからこそ アラサー女子にオススメしたい!

絶景を求める旅は決まって そこまでの道のりが少し大変。直行便がなく乗り継ぎが大変だったり、ロードトリップでしか行けない場所だったり、一筋縄でいかないのも旅の醍醐味。アクティブに動ける今だからこそ、アラサー女子にオススメしたい旅の仕方です。リゾートでのんびり、定番シティも少し行き飽きた方は今年こそ絶景探しの旅にトライしてみては?

山水 由里絵(やまみず ゆりえ)/トラベルライター
大学卒業後は広告代理店に勤務し、結婚を機に中国へ引越し。現在はCLASSY.読者と同世代のトラベルライターとして活動中。日本から行くよりも近くなった東南アジア旅行や お隣 香港でグルメ巡りがマイブーム。
これまで旅した25カ国56都市の中でも、結婚式を挙げ 学生時代に留学していた”ニューヨーク”は何度もリピートする大好きな街。2019年9月よりCLASSY.ONLINEで随筆をスタート。
Instagram:@yuuurie_1211
Blog:Travel in Style~海外在住トラベルライターの旅Blog~

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE