服のこだわりアリ?ナシ?【彼氏がダサい問題】どう解決する?

「彼の服装が私の好みと合わない

「彼の服装が私の好みと合わない」「もう少しオシャレを楽しんでほしいな…」そう思ったとき、ストレートに伝えてしまうと彼も嫌な気持ちに。そもそも「ダサい」って伝えてもいいもの?彼を傷つけずに伝える方法って?コーチングを活用して、彼ともっと“話せる„関係に!

私たち、こんな“ダサい„彼に悩んでいます…

服にこだわり【ナシ】派の彼の場合

人からどう見られるかに関心がなく服装に無頓着なタイプ。自分のセンスに自信がなく、苦手意識からオシャレを避けている場合も。

\読者の体験談/
百貨店でマネキン買いするオシャレ初心者の彼。着ているもの自体はいいけれど、デートの度同じ服を着てきたり、キレイめな服にリュックを合わせたりと絶妙にチグハグ感…。アドバイスするもなかなか上達しません。(30歳/フリーランス)


服は定期的に買っているものの、試着をしないのでサイズが合っていない!パンツが微妙に短かったり、シャツの袖が長すぎたり…。本音を言うともう少しオシャレに興味を持ってほしいけど直接言うのは気が引けます…。(27歳/通信関連)

 

服への興味が皆無で、無地Tシャツを色違いで揃えて着まわす彼。ブランドや質の良いものにも一切関心がなく、服は最低限だけ、プチプラで買うのが基本。私が毎シーズン服を新調するも理解できないみたい…。(25歳/コンサル)

 

いつも同じ服装で、彼が自分で服を買う姿を見たことがありませんでした。不思議に思っていたら、昔母親が買ってきた服をずっと着ていたことが発覚。せめて自分が着るものくらい自分で選べるようになってほしいです。(26歳/メーカー)

彼の「タイプ」に合わせてコミュニケーションを最適化してみよう!

服にこだわり【アリ】派の彼の場合...

自分のセンスが正しいと信じてやまない我が道を行くタイプ。融通が利かず、頑固で他人の意見を素直に受け入れられないことも。

\読者の体験談/
ある日突然オシャレに目覚めた彼。総柄セットアップやカットワークが独創的なパンツなど他とは違う奇抜なアイテムを着るように。素人から見ると理解しがたいものが多く、隣を歩くのが恥ずかしいときがあります…。(26歳/航空関連)


イタリア男性への強い憧れなのか、足元は絶対に素足にローファーな彼。TPO問わずカジュアルな装いにも合わせる徹底ぶりです。さりげなく私の好みを伝えてみても「僕はこれが良いから」と聞く耳を持ちません。(27歳/人材関連)


ニット×シャツの重ね着スタイルが彼の冬の定番。正直見た目が古めかしいので、必ずしも重ね着する必要はないのではと提案するも「ニットのごわごわした肌ざわりが煩わしいから嫌だ」と聞き入れてくれません。(30歳/メディア関連)


彼はどこのブランドの服を着るかを重視し、ロゴの主張が激しいアイテムで身を固めるんです。私的には良いものをさりげなく身につけている人に好感を持つのですが…職業柄か周りも派手な人が多く半ば諦めています。(26歳/広告関連)

彼の「タイプ」に合わせてコミュニケーションを最適化してみよう!

彼を傷つけずに伝えるには「コーチング」を取り入れて!

\彼との対話を増やして言いづらいことも自然と話せる関係を目指して/

コーチングとは、「相手に新たな視点を与え主体的な行動を促す」コミュニケーション手法のひとつ。そのために、対話をする機会をいかにつくることができるかがポイントとなります。
対話で必要なのは相手の価値観を知るインプットと自分の意見を伝えるアウトプットの二軸。人の行動には必ず動機があります。今回の「彼がダサい」というお悩みも、なぜ彼がその服を選んでいるのか、どうしてオシャレに興味がないのかを会話の中でキャッチするところから始めましょう。インプットで十分な情報を得られたらアウトプットを実行していきます。アウトプットの質を高めるために重要なのは伝達力と触発力。自分の要望をただぶつけるのではなく相手に気づきを与えられるような伝え方を心がけて。そして、自分が言った分だけ相手にも話す自由を与えることを忘れずに。
互いに言いたいことを言い合えるベストな関係性を構築できれば自然と彼もあなたの意見を受け入れられるようになります。

教えてくれたのは…

教えてくれたのは…共創コーチング株式会社・稲垣陽子さん
20年以上のコーチ歴を持つ、国際コーチング連盟認定マスターコーチ。著書『「言いづらいこと」をサラリと伝える技術』が話題。

イラスト/藤本けいこ 取材/下田真里衣 再構成/Bravoworks,Inc.

Pickup