ファッション誌編集スタッフが重宝する「撮影現場で喜ばれる手土産」って?【いなり寿司】

ファッションや美容はもちろん、グルメ賢者も多いチームCLASSY.。そんな彼女たちが、日々撮影や取材で重宝している手土産って…?業界人ならではの視点で厳選したイチ押しを聞いてきました!今回は、撮影現場がわっと盛り上がるような手土産選びを心がけているという、編集・宮島彰子のセレクトをご紹介します。

西麻布 いなりや 呼きつねの「いなり寿司(6種・20個入り)」¥4,000

フィンガーフード感覚でいただけるひと口サイズのいなり寿司

「六本木に店舗を構える『西麻布

「六本木に店舗を構える『西麻布 いなりや 呼きつね』は、乃木坂にある鮨屋『鮨處 かざま』が始めたいなり寿司専門店。芸能人のファンも多く、楽屋への差し入れなどに手土産をリクエストされたことが、『呼きつね』誕生のきっかけになったそう。ひと口でパクッと食べられる小ぶりなサイズで、まさに差し入れや手土産にぴったり。金胡麻、くるみのような定番だけでなく、スモークサーモンやレーズンバターのような変わりダネまで、さまざまな味わいが楽しめるところが高ポイント!大人数が集まる場や、甘いものの差し入れが多く届きそうなアーティストさんのライブ、忙しい撮影の日のちょっとした差し入れまで、活躍の幅が広いです。甘いものが食べられない人にも楽しんでもらえますし、お腹もいい感じに満たしてくれます」(宮島)

PACKAGE DESIGN

「落ち着いた和の雰囲気漂う包み紙を取ると、まるで漆塗りの木箱のような上質な紙の化粧箱がお目見え。箸が挟んであるので、撮影現場などでもその場で食べてもらいやすいです」(宮島)

TASTE

「『呼きつね』の最大の特徴とい

「『呼きつね』の最大の特徴といえば、ご飯をお揚げに詰め込まず、くるっと巻いてあること。熊本の南関揚げは薄めながらもジューシィで、くどくないのに食べ応え抜群!ふわっと軽い口当たりだから、お米の食感や具材の風味を阻害しません。季節限定のフレーバーが変わるがわる登場するので、シーズンごとにチェックするのも楽しみのひとつになっています」(宮島)

商品情報

【西麻布 いなりや 呼きつね】
「いなり寿司(6種・20個入り)」¥4,000
■商品サイトhttp://sushi-kazama.com/kokitsune/
■Instagramhttps://www.instagram.com/kokitsune0141/

教えてくれたのは…宮島彰子

CLASSY.ONLINEの編集担当。人気タレントやK-POPアーティストなど、これまで数多くの著名人の撮影現場に立ち会ってきたことから、ありきたりじゃないのに絶対にハズさない手土産選びが得意に。

撮影/草間智博(TENT) 取材/岸本真由子 編集/平賀鈴菜(CLASSY.ONLINE編集室)
※商品は完売の場合があります。

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup