Snow Man・深澤辰哉さん「僕が後輩の相談にのれる立場ではないかもしれないけど、話くらいは聞けるかな」【特別インタビュー・第5回目】

大人気アイドルグループSnow

大人気アイドルグループSnow Manの深澤辰哉さんが1年ぶりに登場!今回は深澤さんと家具屋さんでのお買物デートとカウンター席での鉄板焼きデートへ。インタビューでは「デートでやってみたいこと」やSnow Manへの思い、31歳となった今、考えていることに加え新曲『Dangerholic』についてもお聞きしました。

デビューのときと同じ熱量でパフォーマンスできている。そんなSnow Manに入れてよかったなと思う

――アルバムは3作連続ミリオンセールスを記録し、初のドームツアーも大成功と人気絶頂のSnow Man。今、どんな手応えを感じていますか?
「すごく感謝していますが、僕だけじゃなくメンバーみんな現状に満足はしてないですね。アルバムが3作連続ミリオンだったのもドームツアーの成功も、ファンの皆さんの支えとスタッフさんはじめいろんな方の支えがあって成立している。どうにかして皆さんに恩返ししていきたいんだけど、それ以上の恩をいただいているので、まだまだ自分たちが返しきれてないな、いつ返せるかなと。4大ドームの次は5大ドームみたいに、何か一つ達成するごとに次の目標が出てくるのも嬉しいことで、もっといろんな景色が見たいですし、もっとファンのみんなと盛り上がる場を作りたいですし、恩返しがしたいなって気持ちです」

――数多くのアイドルグループがいるなかで、Snow Manならではの強みとは?
「一つはダンスパフォーマンスかな。ドーム公演のラスト曲では、みんながその場の感情で踊ったり煽ったり(笑)。もちろん決まった踊りも構成もあるんだけど、誰もやってない(笑)。Snow Manってどこか真面目なイメージがあるんだけど、感情で動けるところも強みであり魅力なのかな。あとは、今もデビューのときと同じ熱量でパフォーマンスできていること。僕はそんなグループに入れてよかったなと思います。デビューして何年か経つと『これでいっか』って気持ちになるかもしれないけど『もっといいものを作りたい、もっといいものを皆さんに見せたい』っていう熱量がメンバーそれぞれにあるのも魅力だと思う」

――今後、個人としてやってみたいお仕事はありますか?
「もちろんバラエティはたくさんやらせていただきたいですけど、まだまだ勉強しなきゃいけないと思うのはMC。しゃべりですかね。ドームに立たせていただいて、たくさんの人の前でしゃべってパフォーマンスして、より責任感が出てきたのでもっと勉強しなきゃなと思ってます。あと、今年はドラマに出たいかな。ドラマ班なので(笑)。〝バラエティ担当ドラマ班〟なんですけど(笑)、気づけば向井康二が『特捜9』に出てたり、さっくん(佐久間大介)が映画『マッチング』に出たり。めちゃめちゃ嬉しいんですよ、僕は。イジられるのも面白いしありがたいんだけど、自分もまたファンの人たちに芝居しているところを見せられたら嬉しいかな~。あくまで僕の主戦場はバラエティやしゃべりだけど、違った一面も皆さんに見せていければと思います」

――グループ最年長の31歳ですが、今後の展望や今、思うことを教えてください。
「Snow Manの名をもっと広めたいですね。デビューしたときからずっと言ってることですが、メンバー9人の個人名まで覚えてもらえるようにもっと知ってもらいたい気持ちがあります。ありがたいことにグループの冠番組を持たせてもらえたり、個人でもドラマやCM、バラエティなどいろいろやらせていただいて、ちょっとずつ知ってもらってる実感はあるので、一つ一つを大事に何事も全力でやりたい。そして個人で経験したものをそれぞれがグループに還元していくことをこれからも続けていきたいと思います」

――深澤さん個人としては、どんな30代にしたいですか?
「基本、僕はインドア派なんですが、もうちょっと外に出ていきたいですね。後輩たちも増えてきて、後輩との交流をもっと大事にしたいし、シンプルに応援したいなと。この歳になると、なかなか下の子と関わる機会って減ってくるけど、今年の『滝沢歌舞伎ZERO FINAL』では少年忍者の何人かとSpeciaLが、Snow Man主演の舞台をすごくがむしゃらに一生懸命やってくれて、昔の自分たちを思い出せた。彼らをもっと知ってもらえる何かがあればと思うから、まずはごはんに行って、その子たちをもっと知りたい。俺もそうだったけど、後輩のときってタイミングがないと先輩と話せないんですよ。僕が相談にのれる立場ではないかもしれないけど、話くらいは聞けるかな。まあ大人なんで。31歳になって、そういうこともしていかなきゃなって思ってますね」

Snow Man 9thシングル『Dangerholic』
待望のSnow Man、9枚目のシングル。スリルや逆境さえも楽しみながら、人生というゲームを進めていく様を歌った中毒性のあるロックな楽曲。メンバーの目黒蓮さん単独主演ドラマ『トリリオンゲーム』(TBS系で放送中)の主題歌。全3形態で9月6日(水)リリース。

Tatsuya Fukazawa
ʼ92年5月5日生まれ 東京都出身 血液型B型⚫ʼ20年1月Snow Manとして『D.D.』でCDデビュー。今年5月に3rdアルバム『i DO ME』を発売し、アルバム3作連続ミリオンセールスを記録。初の4大ドームツアー『Snow Man 1st DOME tour 2023 i DO ME』を開催。Snow Manとしての主な出演作は映画『おそ松さん』、舞台『滝沢歌舞伎ZERO』シリーズなど。冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』放送中。深澤さん個人として『ノンストップ!』(隔週木曜)に出演中。

取材・文/駿河良美 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup