結婚したら「戸建てに住みたい」派が増えているワケ【読者カップル3名に話を聞いてみた】

「CLASSY.Couples」に代表される30代既婚読者の間で「戸建てに住みたい!」派が増加中。家で過ごす時間をより充実させたい、子どもが生まれた時に備えて、という気持ちが「戸建て志向」を後押ししているよう。戸建て購入を考えた時、最低限知っておきたいことをおさえておきましょう。

CLASSY.Couplesの間でも「戸建て希望」派が増えています

住宅のプロにお話を伺いました

コロナ禍を経て「戸建て志向」がより高まっています

コロナ禍を機に家で仕事をする人が増えて家で過ごす時間も長くなり、部屋数や広さを重視したり、家に求められる機能も多様化しています。庭にウッドデッキを設置して息抜きできるスペースを作ったり、一人になれる部屋を確保するといったニーズが実現しやすいのは戸建てのメリット。今の時代の志向を受けて人気も価格もゆるやかに上がっています。(住宅ジャーナリスト・山本久美子さん)

\教えてくれたのは/

住宅ジャーナリスト 山本久美子さん
『週刊住宅情報』『都心に住む』など住宅専門誌の副編集長を歴任。宅地建物取引士、マンション管理士、ファイナンシャルプランナー等の資格を持ち、現在は住宅メディアへの執筆や講演、『SUUMOジャーナル』『東洋経済オンライン』などでも連載記事を執筆している。

撮影/穂苅麻衣(BOIL) イラスト/green K 取材/加藤みれい 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup