「東京在住の30代女性が、今住みたい街」読者にアンケート調査した結果は…【23区内?郊外?】

バリバリ働きたいから都心に住む、子どもやペットとのびのび暮らしたい、働き方が変化して住む場所に対する意識も変わった…。30代のライフスタイルの多様化とともに「どこに住むか」の選択肢も広がっています。

今、住んでいるエリア・将来住みたいエリアは?

CLASSY.読者はどんなエリアに住んでいて、住む場所についてどう考えている?アンケートで聞いてみました。

現在の居住エリアは半数以上が「都市部」

居住エリアのトレンドについて解説

リモートワークの導入が進んだこ

リモートワークの導入が進んだことで東京23区は統計開始以来初の転出超過となり、今までの東京一極集中傾向に変化が。とはいえ東京への転入者数は日本一であり、低金利や円安による外国人の買い支えなどもあり、物件価格は現在も堅調。東京からの転出先となった神奈川・千葉は物件価格が上がり始めています。地方の物件価格が下がったことで移住や二拠点生活を始める人も。ここ数年で住む場所を再検討した人は増えていると言えそうです。

教えてくれたのは

風呂内亜矢さん/ファイナンシャルプランナー
26歳の時に貯金80万円でマンションを購入したのをきっかけに1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®資格を取得。現在は株式、外貨預金、投資信託、不動産の家賃収入で資産を運用。メディアやYouTubeチャンネル『FURO UCHI vlog』にてお金に関する情報を発信。

イラスト/green K 取材/加藤みれい 再構成/Bravoworks.Inc

MOVIE

MOVIE

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup