特集

初心者が購入すべき「仮想通貨」は2つ!お金のプロに聞いた、その理由とは

コロナの影響により、「働きたくても働けない」「大幅な収入減」という状況を目の当たりにし、自分の〝お金事情〟に不安を感じる人が増えたそう。超低金利時代の今、お金は貯めるより運用するのが正解…?ということで、ファイナンシャルプランナーの先生に「投資」について教えていただきました。

お金のプロに聞いた「大人女子が手を出しやすい、おすすめの投資」5選

最近よく耳にする「仮想通貨」とは一体どんなもの?

世界の経済ニュースはもちろん、テレビCMでも目にすることの多い「仮想通貨」。それって一体何?投資初心者でも挑戦できるの?専門家の先生に教えていただきました。

仮想通貨はその性質上“通貨”として使用するのは難しいものです

簡単にいうと仮想通貨とは、取引できる電子データのことで、世界的には〝暗号資産〞と呼ぶのが一般的です。日本では仮想通貨の呼称で浸透したので〝通貨〞のイメージが強いかもしれませんが、実際には値動きが激しいため通貨とするには不向きです。例えば、今100円のものが、明日200〜300円の価値になる可能性があるなら、ほとんどの人が手放すのをやめますよね。つまり仮想通貨は通貨として使用できる性質のものではなく、値上がりを目的に投資する資産なのです。「CoinMarketCap」というサイトを開くと一覧表が確認できるのですが、現在約9、500種類もの仮想通貨が存在します。中には1日に100〜200万円ほど値動きするものもあるので、宝くじや博打に近い〝一か八かの投資〞というのがいいかもしれません。最近は世界的大企業が仮想通貨に投資/仮想通貨事業に参入、という話題をよく目にするので、興味を持たれるかもしれませんが、初心者向けとはいえません。挑戦するなら資産の1割以下で行うことをオススメします。そして購入する通貨は「ビットコイン」もしくは「イーサリアム」が良いかと思います。この2つの通貨は圧倒的に時価総額が大きく、取引も頻繁に行われている「買いやすく、売りやすい」通貨です。一方約9、500種類あるうちのほとんどは時価総額も小さく、それ自体消滅してしまう可能性が高いものです。消滅してしまった通貨には何の価値も残りませんし、単なる詐欺というケースも少なくありません。

知っておきたい「仮想通貨」はこの2つ

  • 簡単にいうと仮想通貨とは、取引

    ビットコイン
    現在、世界中に存在する仮想通貨の中で最も多く流通しているデジタル通貨
    インターネットを通して流通する暗号資産の一種であり、世界で初めてブロックチェーンを基盤としたデジタル通貨です。大きな特徴は法定通貨でいうところの中央銀行といった管理者が存在しないこと。

  • 簡単にいうと仮想通貨とは、取引

    イーサリアム
    世界的大企業も注目のシステムを導入。ビットコインに次ぐ時価総額と知名度を誇る
    「スマートコントラクト」という優れた技術を備えた仮想通貨。スマートコントラクトは、仮想通貨だけではなく商品の売買や不動産取引などにも応用できる汎用性があり、様々な分野で利用されることが期待されています。

\先生はこの方/

頼藤太希さん 株式会社Mone

頼藤太希さん
株式会社Money&You代表取締役。中央大学客員講師。月間400万PV超の女性向けWebメディア『Mocha(モカ)』を運営。著書に『1日1分読むだけで身につくお金大全100』(自由国民社)や『はじめてのNISA&iDeCo』(成美堂出版)などがある。

取材・文/伊藤綾香 イラスト/ハザマチヒロ 再構成/Bravoworks.Inc

「お金」関連記事

「保険つけすぎ女子の、おすすめ保険」ファイナンシャルプランナーに聞きました

はじめての投資「手軽に始められるものから5つ」紹介

30代女子が投資を考えてしまう、「将来への不安要素3つ」とは

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus