ピープル

中条あやみさん「現場の雰囲気は最高だけど、来美を演じるのは本当に大変」【“きみセカ”配信記念インタビュー】

2月25日(金)よりHuluにて待望のSeason3が配信開始したHuluオリジナル『君と世界が終わる日に』。ドラマはゴーレムと呼ばれるゾンビに占拠された死と隣り合わせの“終末世界”を舞台に、生存者たちが過酷な運命と生き残りをかけた闘いに身を投じるゾンビサバイバル。Season1から引き続き、主人公の恋人・来美を演じる中条あやみさんに、作品に対する想いや、見どころについて伺いました。

極限状態で現れる“人間の本当の姿”がキーポイント

−−『君と世界が終わる日に』S

−−『君と世界が終わる日に』Season3の配信がスタートしました。続編が決まった時、どう思われましたか?

Season2の台本を読み進める中で、「これはまだ完結できないだろう」って予想できちゃっていて。あとは一視聴者として、まだ終わって欲しくないと思っていたので、続きがあってよかったと素直に感じましたね。Season1から来美の身には色んなことが起こり、怒涛の日々を演じてきたので、このドラマに携われたことは私にとってもすごく濃厚な経験になっています。

−−“ゴーレムに占拠された死と隣り合わせの終末世界”が舞台の作品ですが、非現実的な設定だけに演じるのが大変だったのでは?

本当に大変な役ですよね(笑)。もちろん現実の世界にゴーレムはいないですし、経験したことのないシチュエーションばかりなので、たくさん想像力を働かせましたし、他のキャストの方にもよく相談をしました。でも、全てがファンタジーというわけでもないんです。このドラマの本質は、現実世界とも共通する“人と人との人間ドラマ”。極限状態に置かれた時に現れる、人間の本当の姿が描かれているのがこのドラマの面白い部分だと思うので、共感したり、驚いたりしながら楽しんでもらえたらなって思います。

責任感や正義感が強いところは来美と似ているかも

−−来美と中条さんご自身を比べ

−−来美と中条さんご自身を比べて、似ている部分はありますか?

あまり似てないですね。強いてあげるなら責任感が強いところかな。来美はどんな困難な状況でも人を助けたいという、医者としての強い使命感を持った女性なんですけど、もし自分が医者だったら同じようなタイプだったんじゃないかなと思います。

あとは…学生時代の私は「これは絶対に良くない」と感じることがあったら、すぐ先生に報告をする生徒でした。ある意味、正義感が強すぎるというか…(笑)。そんな部分も、来美と似ているかなって思います。

久しぶりの現場でも“ホーム感”がありました

−−Season1からかなり長

−−Season1からかなり長くの撮影をともにされてきているかと思いますが、Season3の撮影現場の雰囲気は?

Season2と3の間がけっこう空いたので、キャストともスタッフさんとも会うのが久しぶりでした。でも違和感みたいものは全然なくて、思わず「ただいま」と言いたくなるようなホーム感。2の時は休憩中にカードゲームで盛り上がっていたんですけど、今回は横溝菜帆ちゃん発信の“名前付けゲーム”が流行っています。どんな名前が似合うか、その人のイメージに合った名前をつけるゲームなんですけど、私は“小林ジュリナ”って命名されて(笑)。コロナ禍での撮影なので全員が集まる機会がないので、もし願いが叶うならキャスト、スタッフ全員で打ち上げをするのが夢ですね。

Season1・2を経て成長した来美に注目してほしい

−−ストーリーがどのように進ん

−−ストーリーがどのように進んでいくのか注目が集まるSeason3ですが、ずばり見どころは?

Season1と2を経て、来美はすごく強く成長しました! 今までと違う来美に、きっと驚くはずです。来美の変化に、ぜひ注目してもらいたいですね。

ゾンビサバイバルというテーマですが、どんな世代の方にも楽しんでいただける要素がありますし、これまでよりもさらにパワーアップした内容になっています。登場人物それぞれが織りなす人間模様や響とのラブストーリーの行方にも注目して楽しんでいただけると嬉しいです。


Huluオリジナル「君と世界が終わる日に」
Season3
Huluにて独占配信中!

ある日突然、ゴーレムと呼ばれるゾンビに占拠された終末世界。ゴーレムウイルスに感染しながらも、間宮 響(竹内涼真)の子を身篭った小笠原来美(中条あやみ)が“謎の男”カイ(キム・ジェヒョン)と姿を消して10ヶ月。響と結月(横溝菜帆)は、食料を強奪し殺戮を繰り返す集団“X”のもとで来美が生きていると信じ、行方を追っていた。そんな中、響はかつてゴーレムから助けたことがあるシンジ(須賀健太)と遭遇し、“ゴーレムに噛まれても死なない男”の噂を聞く。そんな矢先、響たちは“ゴーレムの死体”を集める謎の宗教団体『光の紋章』と鉢合わせて…。酷さを増すゴーレムの惨禍で、響たちに待ち受ける運命とは――?

https://www.ntv.co.jp/kimiseka/

撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE) スタイリング/上田リサ(HITOME)ヘアメーク/山口朋子(HITOME) 取材・文/伊藤綾香 構成/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

中条あやみさん、実はサウナー好き女子だった!|好きな男性のタイプ他

中条あやみ「業界人から見ると、どんな人?」【CLASSY.特別インタビュー】

中条あやみ「絶対的好感度の秘密」を質問責め!【前編】

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus