特集

高梨臨さん&槙野智章さんの「素敵な二人暮らし」特別インタビュー

CLASSY.2021年11月号取材の「一人のときも幸せ、二人になっても幸せです」というコメントが印象的で、再度取材を申し込んだ高梨臨さん。しかも今度は夫の槙野智章さんとご夫婦で!メディアほぼ初共演というおふたりに注目です。

高梨臨さん「結婚しても独身でも、変わらず自立したひとりの人でいたい」

二人の関係性は、結婚前も結婚後も基本変わりません

高梨さん(以下 T):前回CL

高梨さん(以下 T):前回CLASSY.に出演したときにも聞かれたんだけど、私たちの関係って結婚する前も結婚後もあまり変わっていないよね。
槙野さん(以下M):たしかに。変わったところと言えば…僕の台本読み合わせが上手くなったところ。
T:上手くなってないし(笑)。
M:(笑)。最近は逆に、僕の撮影とか動画のセリフを見てもらって、「こうやって言うといいよ」と助言をもらうこともあるよね。お互い職種は違えど、アドバイスし合うことは増えたかもしれない。「ここを直してほしい」というところはある?
T:あえて言うなら、声が大きいところは直してほしい。特に電話の声が大きくて、テレビの声が聞こえないんだもん(笑)。あと朝起きてすぐ、大きな声だとちょっとうるさい(笑)。
M:まぁ、それはたしかによく言われるよ。でも僕は妻に直してほしいところ、結構ありますよ。僕の服を自由に着るのはいいけど元に戻さなかったり、ソファとか椅子に服を掛けっ放しにするところ。ちょうど先日、(琉球風水志の)シウマさんに「出したものを元に戻す癖をつけなさい」って指摘されていて、「絶対にやろうな!」って言ってるけど、なかなか直らないよね。
T:あ、私ももうひとつ思い出した!こっちがゆっくりテレビでも見ようとゴロゴロし始めたときに、掃除機をかけ始めるところ。槙野くんが思ってなくてもプレッシャーを感じちゃうから。
M:なんのプレッシャーもかけてないし(笑)!僕が好きでやってることだから、気にしないで!

◆この記事を詳しくチェックする

高梨臨さん、槙野智章さんの「素敵な二人暮らしのコツ」【結婚して変わったこと】

夫は私がこれまで出会った中でいちばんちゃんとした人

“女優とアスリート、職種は違うけれどお互いの存在が励みになる”

T:でもほんと、槙野くんのきち

T:でもほんと、槙野くんのきちんとしたところは尊敬してる。私は槙野くんの毎日規則正しい生活と、サッカーに対してストイックに取り組む姿を見て、「こんなまともな人と結婚したら、自分もきちんとできそう」って思えた。
M:僕は普通のことを普通にしているだけなんだけどね。僕の職業は選手寿命もトップパフォーマンスができる期間も限られているから、目標を達成するために自律するのはどうってことないので。僕の中で結婚の決め手になったのは、2018年のワールドカップ出場、という目標をクリアするためには、一人の力じゃ無理だと確信したこと。お互い職業は別だけど、妻が睡眠時間を削ってセリフを覚えている姿や、仕事にひたむきに向き合う姿勢を間近で見ていると刺激になるし、僕ももっとやらなきゃいけないって前を向ける。それまでワールドカップメンバーに選出されるために、自分の中でやれることはやってきたつもりだったけど、2回落選していて。さらに上を目指すにはパートナーの存在が必要不可欠だし、一人では乗り越えられない壁も二人ならクリアできると思えた。だから結婚を決めた際に、「仕事を辞めたくない」と言われたときも、「むしろ辞めないでほしい」と伝えたよね。

【高梨さん】カーディガン¥18,700(エマリンバー/レイ・カズン)中に着たTシャツ¥8,800(アッパーハイツ/ゲストリスト)デニム¥29,150(アクネ ストゥディオズ/アクネ ストゥディオズ アオヤマ)イヤリング¥11,440(TEN.)その他スタイリスト私物【槙野さん】カーディガン¥137,500(ジエルダーステイツマン/サザビーリーグ)中に着たTシャツ¥9,900(マイル/にしのや)パンツ¥23,100(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)ソックス¥2,530(イルレガロ/レナウンインクス)

◆この記事を詳しくチェックする

高梨臨さん特別インタビュー「夫・槙野智章は、これまで出会った中でいちばんちゃんとした人」!?

好きなもの、嫌いなものは似ています

“家事はできる人がやればいい一緒にコーヒーを飲む時間があればいい”

T:水回りの掃除とゴミ出しは大

T:水回りの掃除とゴミ出しは大体、槙野くんがやってくれるね。
M:15歳から一人暮らしで、朝起きたら掃除する環境で育ってるから。試合の前日は必ず掃除をして、試合後はキレイな家に帰ることがルーティンになっていて、気づいたらやっているかんじ。そもそも掃除やゴミ捨てを妻にやってほしいとも思ってない。そのぶん僕が不得意な料理を担当してくれているので、結果的にうまく役割分担できている感じかな。夜中に「餅が食べたい」って言っても焼いてくれるしね。そういうことが地味に嬉しい(笑)。
T:仕事で忙しい日に無理して作ることはないけれど、料理面でできることはサポートしたいなって。
M:朝から夜まで撮影して、くたくたに疲れて帰ってきた妻に、「ご飯作ってくれ」はなかなか言えないですからね。でも好きなものが似ているのは、いいよね。たとえば二人ともコーヒーが好きだから、最近デロンギのコーヒーメーカーを買ったり。やっぱり豆から淹れると美味しい!肉好きの妻に影響されて肉好きになったし。結婚前のデートはほぼ焼肉屋で、入籍もニクの日にしたし、披露宴の席次のテーブル名も肉の部位に(笑)。
T:貝類やパクチーが苦手なのも同じで、食の好みは今やほぼ一緒だね。
M:家事はそれぞれが得意なことを担当して、お互い無理のない範囲で分担できたらいいね。

【高梨さん】ニット¥74,800(レ トリコ ドール/ノウン)パンツ¥35,200(ピーティートリノウーマン/トレメッツォ)ソックス¥1,320(タビオ)【槙野さん】シャツ¥30,800パンツ¥99,000(ともにヘリル/にしのや)バングル¥29,700(アダワットトゥアレグ)シューズ¥71,500(パラブーツ/パラブーツ青山店)

◆この記事を詳しくチェックする

槙野智章さん「家事はできる人がやればいい、一緒にコーヒーを飲む時間があればいい」【高梨臨さんと特別インタビュー】

出かけるときは、二人のバランスを意識しています

“それぞれ着たい服を着るけれどどこかマッチする、それが理想”

T:普段はお互い仕事で忙しくし

T:普段はお互い仕事で忙しくしてるけど、休みが合う日はいっしょに出かけることが多いよね。そんな日は何となく、相手の服に合わせてコーディネートを考えるかも。カーディガンやトレーナー、帽子、バッグは槙野くんのものを借りることも多い。
M:確かにお互いの服を見て、バランスは意識するかな。二人でよく行くのは、beautiful people、Marni、Dsquared2、UNITED ARROWSあたり。僕もファッションが好きだから、「パンツはこれを合わせたほうがいいんじゃない?」って提案したりするよね。基本妻は聞いてないけど(笑)。
T:私は槙野くんに、もう少しキレイめな服も着てほしい。いつもシャツにデニムだから。あと、2年前にプレゼントしたジョンロブのローファーをもっと履いてほしい!
M:試合と移動日に、めっちゃ履いてるから!

【高梨さん】シャツ¥149,600ドレス¥103,400パンツ¥74,800スカート¥363,000〈すべて予定価格〉(すべてザ・ロウ/ザ・ロウ・ジャパン)イヤリング¥22,770(ロサウ)【槙野さん】セーター¥283,800パンツ¥162,800シューズ¥136,400〈すべて予定価格〉(すべてザ・ロウ/ザ・ロウ・ジャパン)

◆この記事を詳しくチェックする

高梨臨さん&槙野智章さん特別インタビュー「夫婦で出かける時の服は、なんとなくお互いを意識」

今では笑い話、“壁紙事件”

T:ファッションにくらべて、インテリアは特にこだわってないよね。
M:結構こだわってるけど(笑)。
T:え!あれでこだわってるつもりだったの?(笑)ぱんちゃん(ペット)用のおうちとかおもちゃがどんどん増えてるし、インテリアにこだわりはないと思ってた。確かに最近、壁紙替えたりもしてたね…。
M:コロナ禍になってオンライン取材が増えたこともあり、家の雰囲気を変えたくなって、妻が実家に帰っている間に壁紙と床をリフォームしたんだよね。帰って来たときにびっくりさせてやろうと思って。
T:帰ってきたら、真っ白の壁から黒レンガ風の壁に変わっていて、家全体が暗いし、私の好みじゃないし、いろんな意味でびっくり!即抗議して、友達との電話でもいじったりして(笑)。
M:スポーツ番組のスタッフさんは「槙野さんのおうち、おしゃれですね!」って褒めてくれたのに…。すぐに元に戻しました(笑)。

 

◆この記事を詳しくチェックする

高梨臨さん&槙野智章さんの「素敵な結婚生活で起こった、伝説の壁紙事件」とは…

ペットも旅先も――家族会議で話し合って決めます

愛犬ぱんちゃんを競い合うように溺愛

T:あと結婚して変わったことと

T:あと結婚して変わったことといえば、ぱんちゃんを迎えたこと!ずっと犬が飼いたかったけれど、一人暮らしのときは諦めていたから…。でも実は槙野くんが犬が苦手で。しつこくプレゼンして、そんなときに偶然ぱんちゃんに私が出会って一目ぼれして。槙野くんは最初怖がっていたけど、膝に乗せたらイチコロだったよね(笑)。
M:僕から離れなかったからね。『ドラゴンボール』の登場人物でパンちゃんという女のコがいて。旅をしながら日々強くなっていくキャラを由来に、「ぱん」と命名!
T:念願の愛犬だったから私もいくつか名前の候補を考えていたのに、そこは勝手に呼び始めて、ぱんちゃんになった(笑)。

◆この記事を詳しくチェックする

高梨臨さん&槙野智章さんの素敵な二人暮らし「旅先を決める際、プレゼンし合うのが我が家のルール」!?

家訓は「現状に満足せず上を目指そうよ」

T:今回が雑誌初共演。同じ現場

T:今回が雑誌初共演。同じ現場に二人でいることが不思議な気持ちだった。
M:やっぱりこういう場所では「高梨臨」だなって思ったよ。家にいる姿とはまた違ってスイッチが入っていたので、今日は「高梨さん」って呼んでた。
T:槙野くんはいつもの槙野くん、って感じだった。というか、家にいるときも外で会うときも変わらないよね。どこでも声が大きい(笑)。
M:声が大きい人に悪い人はいないって言うからね(笑)。今までこういう機会はあまりなかったけど、僕は多くの人にサッカーを通して夢を与えたいし、サッカー界を盛り上げていきたいので、妻がきっかけで専門誌以外の雑誌に出演させてもらうのはありがたいなと思ってる。僕はサッカー選手としての年齢がピークに近づいているから、これからは一層家族との時間も大切にしながら過ごしていきたい。
T:私の仕事は毎回現場が変わり、そのたびに新しい出会いや発見があることが醍醐味のひとつだと思っているから。それと同じで、これからも環境の変化を前向きに捉えて、二人で楽しんでいきたい。
M:「現状に満足せず、上を目指していこうよ」という家訓があるので、お互いが目標に向かって努力し、刺激し合いながら成長していけたらいいなと思ってるよ!

◆この記事を詳しくチェックする

高梨臨さん&槙野智章さんインタビュー「家訓は、現状に満足せず上を目指そうよ」!?

Profile

夫・槙野智章さん
1987年生まれ。2006年よりプロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせて以来、国内外のクラブで活躍。2018年にはロシアワールドカップメンバーに選出。さらにサッカー界を盛り上げるべく、ビューティブランド「HALTEN」のプロデュースやYouTube「槙野智章の俺じゃけん」など多岐にわたって活動。

妻・高梨臨さん
1988年生まれ。デビュー以来、NHK連続テレビ小説「花子とアン」や映画「ライク・サムワン・イン・ラブ」、日本テレビ系「アンラッキーガール!」など数多くの作品に出演。待機作に日英合作映画『Cotton tail』(2022年公開予定)がある。私生活では結婚を機にアスリートフードマイスターの資格を取得。

撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉 モデル/高梨 臨、槙野智章、ぱんちゃん ヘアメーク/木部明美〈PEACE MONKEY〉(高梨さん)、要海奈々(槙野さん) スタイリング/有本祐輔〈7回の裏〉 取材/坂本結香 撮影協力/PROPS NOW、デロンギ・ジャパン 再構成/Bravoworks.Inc

「夫婦」関連記事

高梨臨さん「結婚しても独身でも、変わらず自立したひとりの人でいたい」

【女優・高梨臨さん】結婚生活は「無理しない」を意識したら、すごく楽になりました

高橋みなみさんが語る“そこそこ”のススメ|「夫婦間のルールはそこまで細かく決めません」

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus