特集

JO1・河野純喜くんの素顔に迫る!「初センターはかなりのプレッシャーでした」

オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」からデビューした、話題のボーイズグループ「JO1(ジェイオーワン)」。K-POP仕込みの圧倒的なパフォーマンスに魅せられて、沼にハマる人が続出! とどまることを知らない人気を引っ提げて、4月28日(水)には3RDシングル『CHALLENGER』を発売。本作でセンターを務めるメインボーカルの河野純喜くんに、“素顔のJO1”をキーワードにインタビューしてきました。

◆あわせて読みたい

【JO1】セトリ全曲解説付き! JO1のオンラインライブが圧倒的に染みた理由。

想像以上にキツかった“ファンに会えない”1年

JO1

―デビューイヤーの1年は、まさかのコロナ禍に…。この1年を振り返ってどうでしたか?

ずっとファンに会えていない状況が、僕ら的にも結構キツくて。こんな中でも応援してくださっているファンの方々の存在が本当にありがたいです。僕たちのことを応援していてよかったと思ってもらえるように、色んなメディアや自分たちのSNSを通じて、絶えず成長を見せ続けるよう意識しています。

コロナ禍ってよくなかったことばかりに思えるけれど、考える時間がたくさんあるのはいいことだなと。これをチャンスだと捉えて、いろんなことに挑戦するよう心がけました。たとえば、新しく発信したYouTubeコンテンツの「JO1 ATELIER」もそのひとつ。11人でどういうことをしたら喜んでもらえるか?と話し合って、3RDのタイトル『CHALLENGER』になぞらえて、ユニットに分かれてダンス、ラップ、ボーカル、韓国語での歌唱にチャレンジ! いつもとは違う自分たちを見せられるコンテンツに仕上がったんじゃないかと思ってます。

―では、この1年で悔しかったことはありますか?

いっぱいありますよ。例えば? 恥ずかしくて、言えないです…。でも1つだけ挙げるなら、デビューから今までずっと、個人的にはMV、PV撮影に関して毎回「思ったようにできていない、もっとうまくできる部分があった」と感じていて。MVやPVは自分の歌声と映像がマッチしていてこそ曲の世界観を伝えられるものだと思うんですけれど、観終わったあとは、毎回反省ばかり。自分の理想には全然届かないのが悔しいです。

JO1

― デビュー1年を経て、どんな成長があったでしょうか?

元々、性格的には緊張しいなんです。歌やパフォーマンスすることがすごく好きだけど、人前に出るのには慣れていなかったんです。そのせいもあって、デビュー直後は大好きなはずの歌やパフォーマンスをするときも、自信のなさから変な緊張が抜けなくて。でも、この1年練習しまくったことで、自信のなさが少しずつ消えていって、いつの間にか緊張しなくなりました。ステージを思い切り楽しめるようになったのはこの1年の大きな変化ですね。

「僕に務まるのかな…」センターへの重責と不安

JO1

― 3RDシングル『CHALLENGER』ではセンターに抜擢! 率直な心境を教えてください。

センターだと告げられたのは、メンバー全員がそろった全体会議。そのときの心境は「うわぁ、来たか…」という感じ。個人的には、本当にあんまりその…センターキャラではないと思っていて。それなので、「僕に務まるのかな」としばらくはかなりプレッシャーを感じていました。そんな僕に対して、メンバーやボーカルの先生が「センターの期間って本当に貴重だと思うし、そこまで長い期間じゃない。経験と思って、楽しんだ方がいい!」とアドバイスをくれて、「確かに!」と思って悩みが吹っ切れました。センターだからと気負いすぎず、ステージを楽しむことを意識しています。

改めて感じた“歌”の持つパワーと魅力

JO1

― 今回のインタビューは河野くんの素顔に迫る!ということで、最近嬉しかったことは?

ついこの間、めちゃくちゃ素敵な映画に出会えたこと。『リメンバー・ミー』というディズニー映画なんですかど、(與那城)奨くんがお薦めしてくれて観てみたら、すごく良くて。今までの映画の中で一番じゃないかというくらい、感動してしまいました。劇中で流れる音楽が素敵なのはもちろん、音楽という存在の意味を考えさせるストーリーが本当に素晴らしくて! 僕自身、歌が大好きでボーカルを担当しているのですが、改めて“歌うこと”の凄さやパワーに気づかされましたね。

― JO1の活動にも影響はありましたか?

劇中で流れている音楽は、今まであんまり聴いてこなかったジャンル。でも、この映画で新たなジャンルの音楽に感動したことで、自分の触れてこなかった音楽への興味が高まりました。もっと意識的に色んな音楽を聴いて、表現力の幅を広げたいです!

JO1とは?

©LAPONE ENTERTAINMENT

韓国発の人気オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で、約6,500人から視聴者投票で選ばれた11人によるグローバルボーイズグループ。デビューシングル『PROTOSTAR』と2ndシングル『STARGAZER』ともにオリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得。1stアルバム『The STAR』は「Billboard JAPAN Top Albums Sales」で1位に。‘21年からYSLBのオフィシャルビューティパートナーに就任するなど、活躍の幅を広げている。

3RDシングル『CHALLEN
©LAPONE ENTERTAINMENT

3RDシングル『CHALLENGER』2021年4月28日(水)発売!

初回限定盤A(DVD付き)、初回限定盤B(PHOTOBOOK付き)、通常盤の全3形態。気になる方は、JO1公式YouTubeにある、表題曲「BornTo Be Wild」MVと、公式HPをチェック!
公式HP:https://jo1.jp/

フォトギャラリー(全画像を見る4枚)

ニット¥35,200(キャバン 代官山 tel.03-5489-5101)Tシャツ¥9,900(ヤア×エストネーション/エストネーション tel.0120-503-971)

撮影/村松巨規 ヘアメーク/田村裕子 スタイリング/井田正明 取材/亀井友里子、大塚悠貴 編集/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

第二のJO1がここから生まれる!「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」の注目ポイントを総まとめ!

シーズン2からでも大丈夫! PRODUCE 101 JAPANを存分に楽しむための“プデュ用語”を総復習。

キム・ジェヒョンさんの素顔に迫るスペシャルインタビューを公開!

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus