特集

アラサー女子が身につけるべき「モテる聞き方・話し方」

ファッションやメークには程々の自信がある。「可愛い」と言われることもある。でも、なぜかモテない…と感じているあなた。それは、雑談力が足りないせいかも!見た目だけでチヤホヤされるのは20代前半まで。アラサーになったら雑談力を身につけて、モテ街道を進みましょう。今回は、プロが教える「モテる聞き方・話し方」を伝授します!

雑談力の足りなさから「私モテないな…」と思うことありませんか?

アラサー女子が「だから私、モテないのかも…」と思う瞬間8選

1. 相手に気持ちよく話をさせる「聞き方」

プロによるポイント❶

メークでキレイにするより大事なのは表情!最初の笑顔が肝心

「人と人は出会い、無意識のうち
(写真:『CLASSY.』2020年10月号より)

「人と人は出会い、無意識のうちに、たった1秒間で1万4000もの視覚情報を取り入れて、2秒で第一印象を決めると言われています。そこで口角を上げて笑顔を作る、それだけで第一印象が良くなり、相手との距離をグンと縮められるのです」(ビジネスコミュニケーションコンサルタント・安田 正さん)

プロによるポイント❷

基本は相手へのサービス精神。 「話すためにしっかり聞く」 という姿勢で

「まず、女性は30 代から結婚の市場価値が落ちるという認識を持つことが重要。チヤホヤされたいという願望は捨てて、相手が心地よく感じる環境作りをすること。そのためにも相手の話をきちんと聞き、気分を乗せようと努力することが大事」(心理カウンセラー・塚越友子さん)

【聞き上手になるためのテクニック4選】

  • 「まず、女性は30 代から結婚

    【technic 1】
    何が相手にとって一番伝えたいトピックかを見極めるためにも、相手が話していることは丸暗記するつもりで聞くことが大切。そうすれば、会話を「広げる」もしくは「掘り下げる」ことができます。

  • 「まず、女性は30 代から結婚

    【technic 2】
    相手が話しやすくするために、うなずきでリズムを作ります。また笑顔でうなずくと、相手に話の内容が伝わっているんだという安心感を与えることができます。「話が通じる」という手ごたえを。

  • 「まず、女性は30 代から結婚

    【technic 3】
    「さすがですね」「知らなかったです」「素敵ですね」「センスがいいですね」「それはすごいですね」。相槌の「さしすせそ」をマスターすることで、相手に「聞いている」姿勢をアピールして。

  • 「まず、女性は30 代から結婚

    【technic 4】
    話が止まってしまった時は、相手が話していた内容を思い出し、「そういえばさっきの話…」と話題転換を。「そういえば」は相手が「自分の話を聞いてくれていた」と再認識できて、喜ぶ言葉です。

2. 相手に気持ちよく話をさせる「話し方」

プロによるポイント❶

「相手が聞きたいことを話す」が基本。要約をつけるとなお◎

「雑談で大切なのは相手をのせる
(写真:『CLASSY.』2020年2月号より)

「雑談で大切なのは相手をのせること。つまり、盛り上がりやすい空気を作ること。そのためには自分の笑い話を披露するのではなく、相手が興味のある話をする。ポイントとしては、話す内容を要約したり予告したりすると受け入れられやすい」(ビジネスコミュニケーションコンサルタント・安田 正さん)

プロによるポイント❷

会話のゴール(=オチ)を見据えて話すことを忘れずに!

「“オチ”と言うと面白いことを言わなければならないと思いがちですが、決してそうではなく、話の終着点をきちんと見定めることです。思いつきで話すゴールが見えない会話は、相手にとって苦痛以外の何物でもないので、気を付けて!」(心理カウンセラー・塚越友子さん)

【話し上手になるためのテクニック4選】

  • 「“オチ”と言うと面白いことを

    【technic 1】
    相手に質問をされて答えた後は、「質問返し」がマストであり、マナーです。相手の質問は相手にとって興味がある分野だということ。「ところであなたは?」と聞くだけで会話が広がります。

  • 「“オチ”と言うと面白いことを

    【technic 2】
    高い声は、話す人のキャラクターを社交的に感じさせる効果があります。雑談では、声を高く出し、リズム良く話すことが鉄則です。こうすることで、相手にとって親しみやすい印象を与えられます。

  • 「“オチ”と言うと面白いことを

    【technic 3】
    会話には「タテ」と「ヨコ」の軸があります。タテは会話の深さ、ヨコは、何を話題にするか。話題を振りながら(ヨコ展開)、相手が何に興味があるか探り、話題を深めて(タテ展開)。

  • 「“オチ”と言うと面白いことを

    【technic 4】
    定番の話題(趣味、休日の過ごし方など)には、それに対応する5分くらいのネタをいくつかストックすることが重要。自分らしい具体的なエピソードを盛り込んで話すことが必須です。

教えてくれたのは…

株式会社パンネーションズ 代表取締役・安田 正さん

大手企業を中心に1700社のビジネスコミュニケーションのコンサルティングを行う。早稲田大学理工学術院非常勤講師。著書である『超一流の雑談力』(文響社)は50万部突破のベストセラー。

心理カウンセラー・塚越友子さん

銀座NO.1ホステスの経験と心理学の知識を合わせたカウンセリングが人気。著書『銀座№1ホステスの心をつかむ話し方』(大和書房)『銀座NO.1ホステスの大切な恋の続け方』(だいわ文庫)など。

取材/高橋沙織 再構成/CLASSY.ONLINE編集室
※この記事は『CLASSY.』2016年12月号を再編集したものです。

「恋愛」関連記事

カレ好みに見た目を変えたら「元カノのダミー」になった話【みんなの恋愛焼却炉〜嫌な思い出は燃やしてしまおう〜】

【マッチングアプリ】2回目のデート当日にカレと音信不通になって…|イヴルルド遙華先生が鑑定したトンデモ恋愛エピソードVol.8

「自分より美人な元カノに嫉妬するのをやめたい」|水田あゆみの令和的モテ理論 Vol.5

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE