占い

【星占い】「魚座」の基本性格と恋愛事情は?|予約の取れないヒーラーyujiが解説【星2.0】

2020年も、残すところあとわずか。今年は世界中が未曾有の事態に直面した年でした。この試練を乗り越え、素晴らしい新年を迎えるために、いま一度自分自身を見つめ直してみてはいかがですか?今回は、予約の取れないヒーラー・yujiさんによるエッセイ『星 2.0』より、「魚座」の基本性格と恋愛事情についてをお届け。あなた自身のことだけではなく、周囲の人間を理解する上でも、必ず役に立つはず。悩んだ時の「お守り」として、ぜひ読んでみてください。

エレメント占いはこちら

イヴルルド遙華のエレメント占い_詳細

「魚座」の基本性格

(2/19 〜 3/20 生まれ)

魚座の人はどこか超越的であ

魚座の人はどこか超越的であり、超人的な雰囲気を持ちます。アーティスティックなどと言われることもあるように、どこか「定番とか普通とかスタンダード」といったところからずれているし、またそれを好むところもあります。

実際に魚座の人は「何屋さんかわからない」雰囲気を持ち、特異なヘアスタイルやファッショ ンセンスなど、オリジナルな空気感やヴィジュアルをしていたりして、リアルに何屋さんかわか らない(色々やりすぎて)人も多いはずです。

一つ前の星座である水瓶座は「完成された社会に対する」ロックなマインドが特徴で、既存の既得権に物申していき、新しい概念を創造していくような天才肌で、アヴァンギャルドな生態を 持つ星座ですが、その次の星座である魚座はもはやそういった「こうでなくてはならない・いやそれではだめだ」などというこだわりの域から脱却した、最も成熟したマインドを持つ星座だと救世観音のような波動。それが救済の人である、魚座のバイブレーションの正体。

それは人を導くものではないかもしれませんが、人を奈落の底や絶望の淵から元のレールへとそっと戻してくれるような、そんな優しさと慈愛に満ちたものであり、彼らに関わる多くの人たちの魂を静かに癒すことのできるものなのだと思います。

魚座の愛

「魚座の愛とは非常に献身的なもの」と、一般には言われていますが、それはどうやら相当な年配者の魚座を見た際の視点のような気がします。魚座の人たちは、救済の道をいく求道者です。

それゆえ、人生の節々で、援助・貢献・自己犠牲をしていくような方向へと勝手に導かれていくこととなります。そうしていくうちに、知らずしらずのうちによく言われる魚座像、「献身的 な人たち」へと変容していくのが魚座の愛と献身にまつわるストーリー。

つまり、生まれ持っての愛の才がある、ナチュラルボーン聖人(生まれながらの聖人)なのではなく、後天的に愛の人になっていくような宿命がセットされているのが魚座の人たちの人生なのです。

そして、ここで面白いと思うのは、「後天的に愛の人になる」ということ。

この世に生まれ落ちた時、スタート時には、別に堕天使でも掟破りな無慈悲な人だってなんら構わないということ(失礼!)。なぜならこの現世で「愛のなんたるか」を学んでいくのですから。 「魚座の人たちは神様に近い場所に行こうとしている人たちであり、波動を上げていこうとしていく人であり、求道者にして聖職者」のような人。ということは、「真理とは・愛とはなんぞや」を最初から深く知っているとその目的が叶いません。

それゆえ、魚座の人は愛を知るために人生のどこかで深く傷ついたり、汚れ役を経験したりするのかもしれません。また、その渦中・過程で知らずしらずのうちになんらかの業や不要なカルマを積んでしまうこともあるでしょう。

そして、魚座の人はそれすらも「人生をかけて返済していく」ような人生を送ることになるので、おのずと人生は波乱万丈・アップダウンが多いものになりがちです。ただ、そのドラマ多き人生、修行や泣き笑いが多い人生こそが魚座の人生の真骨頂であり、醍醐味とも言えます。

魚座の人生は「ドラマ性」が強く、予期せぬ展開が多い人生行路になりがちですが、その奇想 天外ぶりこそが十二星座中最もミラクル&ミステリアスと言われる魚座の人生を華やかに色付けるものでもあります。そして、そういった経験を積めば積むほどオリジナルな人生となり、また、最大の目的である魂のレベルを最速で上げていくこと」も可能になるのだと思います。

『星2.0』発売中!

スピリチュアルヒーラー、yujiさんによる占い本

“予約の取れない”ヒーラー・y

“予約の取れない”ヒーラー・yujiさんが、「12星座」の本質と辿るべき運命を、読者に寄り添う語り口で綴ったエッセイ。

書名:『星2.0』
著者:yuji
発売:光文社
発売日:2020年10月22日
定価:本体1.800円+税

yuji
星読み係、ヒーラー、聖地巡礼家。香川県生まれ。18歳でイタリアに渡り、現地大学院卒業後、ミラノにてプロダクトデザイン事務所に勤務するも、ヒーラーとしての宿命に抗えず拠点を東京に移し、スピリチュアルメッセンジャーとして生きることを決意。現在は連載、講演など、幅広い分野で活躍中。「madameFIGARO.jp」「WANI BOOKOUT」「ELLE」などのWebサイトや女性誌『25ans』(ハースト婦人画報社)で連載を持つ。また、「ELLE」でPodcast「yujiと本島彩帆里の”生き方のセンス”の磨き方」(毎週金曜)や、YouTube番組「QUANTA.vision」で「ホニャララLIVE」(毎週土曜22時〜)の配信もおこなっている。著書に『神さまと顧問契約を結ぶ方法』『神さま手帖』『yujiの星読み語り』(すべて、ワニブックス)など。

◆あわせて読みたい

【今月の運勢】イヴルルド遙華が占う2020年12月の「大地星人」【エレメント占い】

【今月の運勢】イヴルルド遙華が占う2020年12月の「木星人」【エレメント占い】

【今月の運勢】イヴルルド遙華が占う2020年12月の「花星人」【エレメント占い】

著者/yuji 構成/CLASSY.ONLINE編集室
※この記事は、『星2.0』(光文社刊)から一部を抜粋したものです。

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE