特集

【15分で完成】 手抜きじゃない「お弁当」レシピ【エスニック焼きうどん】

外食がなかなか難しく、手作りのお弁当が注目されている最近のランチ事情。きちんと作りたいけれど、夜はクタクタ、朝はバタバタな毎日だから無理…ではありません!お弁当作りの達人たち直伝、作りおきせずに朝15分でできるレシピです。“映え”より“美味しい”重視で、楽しくヘルシーなお弁当生活を。

MAYAさんの『エスニック焼きうどん』

エスニック&麺の脱定番でマンネリ化しないお弁当に

【15分で完成】 手抜きじゃない「お弁当」レシピ【エスニック焼きうどん】

大好きなエスニックメニューを取り入れて、ランチタイムに変化を。作っても、食べても楽しいお弁当が長続きの秘訣です。具だくさんにして、ひと口分ずつお弁当に詰めると麺同士がくっつきにくく、時間がたっても美味しく食べられます。

【材料】(作りやすい分量)
尾付きむき海老 6尾
春菊 2株
玉ねぎ 1/8個
赤ピーマン 1/8個
茹でうどん 1玉
にんにくのみじん切り 1かけ分
赤とうがらし 1本
ナンプラー 小さじ1と1/2
鶏がらスープの素 小さじ1
砂糖 ひとつまみ
ごま油 適量

〈目玉焼き〉
卵 1個
油 適量

〈作り方〉
1.春菊は3~4㎝長さに切る。玉ねぎは薄切りにする。赤ピーマンは細切りにする。
2.目玉焼きを作る。フライパンに油をひいて卵を割り入れ、好みの固さの目玉焼きを作る。
3.2とは別のフライパンににんにくと赤とうがらし、ごま油を入れて弱火にかけ、香りが立ったら海老を加えて炒める。海老が色付いてきたら、玉ねぎと赤ピーマン、春菊の茎部分を加えてしんなりするまで炒める。春菊の葉部分を加えて炒め合わせる。
4.うどんの袋に切れ目を入れ、600Wの電子レンジで2分ほど加熱してほぐす。
5.3にうどんを入れて全体を混ぜ、ナンプラーと鶏がらスープの素、砂糖を加えて炒め合わせる。
6.お弁当箱に5を入れ、目玉焼きをのせる。好みで黒胡椒(分量外)をふる。

教えてくれたのは…

MAYAさん
家族のために作った毎日の食事やお弁当を投稿するInstagram(@heavydrinker)が大人気。著書には『一生おいしいお弁当』(出版文化社)、『究極の作りおき! まるごと冷凍弁当さらに作りやすくなった 50の弁当編』(宝島社)などがある。

撮影/土居麻紀子 取材/首藤奈穂

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE