特集

【15分で完成】 頑張らないけど手抜きじゃない「お弁当」レシピ【ささみの甘辛焼き】

外食がなかなか難しく、手作りのお弁当が注目されている最近のランチ事情。きちんと作りたいけれど、夜はクタクタ、朝はバタバタな毎日だから無理…ではありません!お弁当作りの達人たち直伝、作りおきせずに朝15分でできるレシピです。“映え”より“美味しい”重視で、楽しくヘルシーなお弁当生活を。

山本千織さんの『ささみの甘辛焼き弁当』

ご飯とともに楽しめるおかず3品を詰めた王道のお弁当

ご飯とともに楽しめるおかず3品を詰めた王道のお弁当

火を使うのは、フライパンでぱぱっと作れる1品だけ。ご飯によく合う甘辛味の鶏ささみに和えるだけで完成するおかず2品をプラスして、バランスもいいお弁当です。

ささみの甘辛焼き

【材料】(作りやすい分量)
A
酒 小さじ1
醤油 小さじ1/2
塩・白胡椒 各少々
片栗粉 適量
油 大さじ1

たれ
砂糖 大さじ1
醤油 小さじ1
酒 小さじ1
オイスターソース 小さじ 1/3

〈作り方〉
1.ささみは筋を取り、3等分に切る。ボウルに入れ、Aを加えて絡める。
2.1に片栗粉をまぶし、油をひいて中火にかけたフライパンに入れて両面を焼いて取り出す。
3.2のフライパンに残った油をキッチンペーパーで拭き取り、たれの材料をすべて入れて中火にかける。2のささみを戻し入れてたれを絡める。

きゅうりのしらす和え

【材料】(作りやすい分量)
きゅうり 1本
塩 小さじ1
しらす 大さじ1

〈作り方〉
1.きゅうりは縦半分に切って種の部分をスプーンなどでこそぎ取り、1㎜厚さの斜め切りにする。ボウルに入れ、塩をまぶして1分ほどおく。
2.1のきゅうりを布巾などに包んで水けをしっかりと絞り、しらすを加えて和える。

かまぼことカマンベール チーズのからし醤油

【材料】(作りやすい分量)
かまぼこ 1/4本
醤油 小さじ1/4
和からし 少々

〈作り方〉
かまぼこは薄いそぎ切りにして醤油と和からしを加えてよく絡め、手でちぎったカマンベールチーズを加えて和える。

 

お弁当箱にご飯適量(分量外)、ささみの甘辛焼き、きゅうりのしらす和え、かまぼことカマンベールチーズのからし醤油を盛り合わせる。

教えてくれたのは…

山本千織さん
2011年、東京・代々木上原で弁当販売店「chioben」を開業。撮影現場へのケータリング、雑誌等のレシピ掲載、イベント出店など幅広く活躍中。著書には『チオベンの弁当本』、『チオベンの煮もの揚げもの』(ともにKADOKAWA)などがある。

撮影/土居麻紀子 取材/首藤奈穂

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE