特集

ありえない!コロナで分かった彼氏のとんでもない本性①

この状況下で、絆が深まり「コロナ婚」もあれば、価値観の違いが分かった末の「コロナ別れ」もあるとか。実際に彼氏に幻滅してしまった人の残念エピソードを紹介します。

1. 自分の欲望のまま生きる彼にうんざり!

ありえない!コロナで分かった彼氏のとんでもない本性①

元々お酒が好きなうえに、職業柄飲み会に参加することも多い彼。コロナ禍でお互い仕事はテレワークに切り替わり、会社からも不急不要の外出を控えるよう言われていたので、デートは諦めてテレビ電話で我慢しようと思っていました。なのに連絡をする度に彼は「今、〇〇と飲んでる!」と世間の自粛ムードを気にしていない様子…。思わずイラっとして彼の行動を責めると、「誰も飲みに行かないと経済がまわらなくなるんだよ」と逆ギレ。自分のやりたいことを我慢できない子供っぽさと身勝手さ、危機意識の無さに彼への気持ちは一気に冷めてしまいました。(29歳・CA)

◆あわせて読みたい

私が出会った残念なオトコ図鑑 第8回~コロナで婚活に目覚めた男~

2.心配性が過ぎてケチキャラに変身

メーカー勤務の彼は、とにかく心配性。毎日のようにコロナによる失業や減収のニュースを見るうちに、自分の身も不安になったようで「この先、収入が減っても大丈夫なように今から出来るだけ節約をする」と突然のケチキャラ宣言。まずは低価格米を大量に購入し、修行僧のような食生活をスタート。正直、私は引いてしまいましたが、彼は買い物に行く手間が省けて食費も削れるし、かつ太らなくて済むからと満足気な様子。さらに「外出しないから汚れていないし、光熱費の節約になる」と真夏にも関わらず3日に1度しかお風呂に入らなくなったんです。さすがに理解できません…。(30歳・広告)

◆あわせて読みたい

同棲する彼氏に「絶対に言ってはいけない一言」【自粛期間中に…】

3.私をストレスのはけ口にされて…

結婚を前提に同棲をしているのですが、彼が在宅勤務になり、1日のほとんどを一緒に過ごすようになると彼の嫌な部分をたくさん発見してしまいました。例えば、これまでのように仕事がスムーズにいかない状況なのは仕方がないことなのに、彼が仕事に集中できないのを私のせいにしたり…。ストレスや愚痴のはけ口にするのは当たり前で、仕舞いには政府や他国の感染予防対応に対する文句を、なぜか私に叱りつけるように言うようになりました。こんな彼と結婚をして大丈夫だろうかと不安を抱えながら過ごしています。(32歳・金融)

◆あわせて読みたい

私が出会った残念なオトコ図鑑 第7回~政治家もどきな男~

イラスト/西倉ラウラ 取材/伊藤綾香

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE