オフィスもOKな「注目リュック3選」機能もオシャレも両立!

リモートワーク、出社と働き方が

リモートワーク、出社と働き方が混在する今。PCやガジェットを持ち運ぶため、通勤にリュックがマストだという読者が増加中。それに合わせて各ブランドに、ラフなデザインだけでなくきちんと感のあるものまで、リュックのラインナップも豊富に!カジュアル派におすすめの〝オフィカジ〟リュックをご紹介します。

【カジュアル派】いつものコーデに似合うものを選びたい

[右から] 01.THE NO

[右から]
01.THE NORTH FACE
利便性を追求したバックパックは荷物の多くなりがちな人の強い味方

正面にパッド入りのガジェットスリーブ。2wayバックパック〈H45×W35×D14.5㎝〉¥16,500(ザ・ノース・フェイス/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

02.OUTDOOR PRODUCTS
’70sの誕生以来、色褪せない定番デザインはこなれたグレーを
誕生以来愛され、軽くて丈夫で雨に強いナイロンリュック。〈H38×W32.5×D12.5㎝〉¥6,380(アウトドアプロダクツ/アウトドアプロダクツカスタマーセンター)

03.NOMADIS
ロンハーマンとのコラボデザインに注目 洒落感たっぷりのメッシュ素材
メッシュ素材。網目のサイズを変えることで中身が見えづらいのも嬉しい。バックパック〈H44×W35×D12㎝〉※別注¥18,700(ノマディス/RHC ロンハーマン)

\カジュアル派ってこんな人!/

☑︎スニーカーやスウェットなどラフな服装
☑︎よく行くのは渋谷・代々木上原・中目黒
☑︎スポーツやアウトドアが好き
☑︎会社の服装ルールが比較的自由

パンプスよりもスニーカー好き、シンプルなものよりもロゴやカラフルなものが好きな人はカジュアル派。フットワークが軽く、アクティブな人が多い。

撮影/佐藤航嗣(UM)〈人物〉、佐藤 彩〈静物〉 モデル/林田岬優、松井愛莉 ヘアメーク/MAKI スタイリング/荒木里実 取材/棚田トモコ 再構成/Bravoworks,Inc.

※文中のバッグのサイズはH =タテ、W =ヨコ、D =マチです。

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup