笹崎里菜さん連載企画 “新しい自分を探して” ファッション編[スウェットを大人っぽく着こなすには…?]

CLASSY.世代の一人である笹崎里菜さん。女子アナ時代とは違う“新しい自分を見つける”ために、彼女の連載がスタートします。2月のテーマはファッションについて。スタイリストの平沼洋美さんに教えてもらいながら、より自分らしくいられるファッションを探しに行こう!

これまでの笹崎さんのファッションは?

会社員時代、仕事で選ぶアイテム

会社員時代、仕事で選ぶアイテムは“清潔感があって、露出が少なくて、誰に対しても好印象を与えるもの”が基準。私服ではスウェットなども好きですが、カジュアル度が高いアイテムって、コーディネートに悩みます…。

女性らしいアイテムを合わせてバランスを調節しよう

撮影のために用意されたアイテム

撮影のために用意されたアイテムの中から「このスウェット、すごく好きです」と笹崎さんが選んだスウェット。カジュアルすぎない大人っぽいコーデに仕上げるためのコツ、教えてスタイリスト平沼さん!

「笹崎さんもおっしゃっていた通り、スウェット自体がカジュアル度の高いアイテムなので、コーディネート全体のカジュアルバランスを意識しましょう。存在感のあるボリュームスカートの一点投入で、簡単に解決できますよ!」(スタイリスト平沼さん)

スウェットは“カジュアルじゃないアイテム”とのコーデが◎

大人の休日カジュアルコーデはバランスが肝!

「カジュアルコーデを大人っぽく

「カジュアルコーデを大人っぽくまとめたいなら、カジュアル感と女性らしさのバランスが重要。存在感のある白スカートの一点投入で、そのバランスが整います。スポーティブルゾンやスニーカーを足しても、ちゃんと女性らしさをキープ」(スタイリスト平沼さん)

スウェット¥25,300(THIRD MAGAZINE)ブルゾン¥67,100〈ヴァシュモン×カオス〉スカート¥41,800〈カオス〉(ともにカオス丸の内)かごバッグ¥15,400(ケッシュ ル エッセンシャル)スニーカー¥100,100(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)ネックレス¥9,900〈エイチアッシュ〉リング¥22,000〈オンブル ビジュー〉(ともにフォーティーン ショールーム)

PICK UP POINT

スタイリストが教える“着こなしのポイント”は?
「スカートは軽やか&動きが出る素材のものを選びましょう! シワ加工があるものもおすすめです。オーバーサイズのスウェットも、軽快なイメージで着られますよ」

他にはこんなアイテムもおすすめ!


おすすめコーデにTRYしてみた感想は…?
スウェットならではのカジュアルな雰囲気の中にも、女性らしさがあって、まさに理想のバランスでした! スニーカーと合わせた着こなしも、CLASSY.っぽくてすごく好きです。このコーデ、丸ごとマネしたいくらいのお気に入り!

【PROFILE】
笹崎里菜さん/1992年4月16日生まれ(31歳)、神奈川県出身。2015年日本テレビにアナウンサーとして入社。『バゲット』『Going! Sports&News』といった人気番組、スポーツ中継などを担当。2017年よりラグビー班に所属し、2019年/2023年ラグビーワールドカップに携わる。昨年末に同局を退社し、公私ともに新たな一歩を踏み出す。

【SHOP INFO】
RHC ロンハーマン 0120-008-752
エイトン青山 03-6427-6335
カオス丸の内 03-6259-1394
ケッシュ ル エッセンシャル https://kech.store
THIRD MAGAZINE 03-5784-2588
ピエール アルディ 東京 03-6712-6809
フォーティーン ショールーム 03-5772-1304

【STAFF】
撮影/峠 雄三 ヘアメーク/KIKKU(Chrysanthemum) スタイリング/平沼洋美 取材/広田香奈 構成/宮島彰子(CLASSY.ONLINE編集室)

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup