【JINS史上最強】2024年は花粉は早くて多そう…ぱっと見普通なメガネ「JINS PROTECT」で備えたい!

JINSリニューアルによってJ

JINSリニューアルによってJINS史上最強の花粉カット率99%以上※1を実現した花粉・飛沫・乾燥対策メガネ「JINSPROTECT(ジンズプロテクト)」を、2024年1月25日(木)より全国のJINS店舗、JINSオンラインショップ(www.jins.com)にて発売します。なお、新登場の「JINSPROTECTFINE」は、同日より一部のJINS店舗とJINSオンラインショップで販売します。

「JINS PROTECT」

花粉を卒業するメガネ。専門医師監修の実証実験で、花粉を最大 99%以上※ 1 カット!

JINSは花粉や飛沫、乾燥から目を守る「JINSPROTECT」シリーズを10年以上にわたり展開しています。昨年は、春花粉の飛散シーズンである2023年2月6日〜3月26日の販売本数が計画比169%と、多くの方にご愛用いただきました。今回のリニューアルでは、⻑年にわたって専門医師監修の実証実験を積み重ねてきた成果により、JINS史上最強となる「花粉カット率最大99%以上※1」を実現。顔とのフィット感を高め、フレームとの隙間を可能な限り減らすことで、これまで以上に花粉や飛沫の侵入を防ぐ設計へとアップデート。デザインはフードが目⽴ちにくく、日常的にかけられる自然な⾒た目を追求。定番のブラックやネイビーなどを加えて、カラーバリエーションを刷新しました。

高いデザイン性の JINS PROTECT FINE はトレンドの太縁に重厚感のあるマットカラーが特徴

「JINSPROTECT」は、JINSPROTECTBASIC、KIDS、JUNIOR、MOISTに加え、新たにFINEを加えた全5モデルを展開します。FINEは、デザイン性をより重視したい方に向けた商品です。フレームを⽴体的な太縁にすることでフードとの境をはっきりさせ、敢えてフレーム部分を強調させることでフードを目⽴ちにくくしました。トレンドである太縁の玉型に重厚感のあるマットカラーを採用し、花粉や飛沫から目を守る機能性に加え、デザイン性も兼ね備えています。また、人気の定番モデルBASICと、目の周りのうるおいも保つMOISTは、フード上部やブリッジ下部の隙間を極限まで減らし、細部をアップデートすることで花粉と飛沫のカット率が向上。お子様の顔サイズに合わせて選べる花粉対策メガネのKIDSとJUNIORは、ネイビーなど人気のカラーバリエーションにリニューアルして展開します。※1:カット率は全て当社調べ∕実験環境での測定値。JINSPROTECTMOISTOVALを使用。詳細は「花粉・飛沫カット率について」をご参照ください。

商品ラインアップ

※2:度付き単焦点クリアレンズ

※2:度付き単焦点クリアレンズへの交換は+¥3,300、度付き防曇レンズへの交換は+¥8,800となります。

商品特徴

■JINS PROTECT BASIC

花粉から目をしっかり守る、高カット率の定番モデル。カラーはブラウンやライトブラウンに加え、男
性からのリクエストにもお応えして定番のブラックやネイビーが登場。

■JINS PROTECT MOIST

花粉対策だけでなく、目の周りのうるおいを保つ、乾燥対策メガネ。ウォーターポケットを搭載することで、目の周りの潤いが裸眼に比べ約20%アップ※3。目を花粉だけでなく乾燥からも守ります。※3:当社調べ∕実験環境での測定値。

■JINS PROTECT FINE

メガネとして自然な⾒た目を追求した、デザイン性を求める方にもおすすめの花粉対策メガネ。花粉や飛沫の侵入を防ぐ機能はもちろん、トレンド感のあるメガネらしさを兼ね備えたモデル。

2024年モデルの主な改良ポイント

今年登場のJINSPROTECTは、花粉・飛沫のカット率を向上させるため、これまでの実証実験に基づいて細部までこだわり、可能な限り顔とフレームの隙間を減らす設計にチャレンジ。JINSPROTECTBASICとJINSPROTECTMOISTでは主に以下のような改良を⾏いました。

今年登場のJINSPROTEC

花粉・⾶沫カット率について

専門医師監修による厳密な実証実験により花粉・飛沫のカット率を計測。花粉はJINS史上最も高いカット率「最大99%以上」※が確認されました。※カット率は全て当社調べ∕実験環境での測定値。JINSPROTECTMOISTOVALを使用し、複数回実験した値(最大99%、平均97%、⼩数点以下切り捨て)。環境やメガネのかけ方、お顔の形などにより異なります。

<実証実験詳細>

■花粉カット率について ・実験

■花粉カット率について
・実験監修:医療法人社団慶翔会両国眼科クリニック深川和己先生
・実験概要:アクリルケース内に固定した人頭模型の目の部分にフィルム試験片を設置。アクリルケース内にスギ花粉を飛散させ、目の中心位置(直径3mm)に付着した花粉をマイクロスコープで画像として取得後、画像解析により計測。各製品装着時と裸眼の状態を比較。

■飛沫カット率について ・実験

■飛沫カット率について
・実験監修:ケイシン五反⽥アイクリニック院⻑内野美樹先生
・実験概要:飛沫・エアロゾル発生装置の正面60cmの位置に人頭模型を設置。装置を用いて飛沫を発生させ、発生直後(0〜2秒後)に人頭模型の目の位置に飛んできた飛沫(粒径0.3μm以上)の個数をパーティクルカウンターを用いて計測。各製品装着時と裸眼の状態を比較。

■保湿率について
・実験概要:恒温恒湿槽のアクリルケース内に固定した人頭模型にJINSPROTECTMOISTを装着。平均気温約15℃、平均湿度約15%の環境下で約10分経過後の目じり付近の湿度とアクリルケース内(外環境)の湿度を比較。

<カット率の算出方法>花粉カット率∕飛沫カット率は、裸眼時に付着する個数と、JINSPROTECT装着時に付着する個数を比較した値。実験は複数回実施。最大値は、裸眼時の平均(複数回の測定結果から、1回あたりの平均個数を算出)と、JINSPROTECT装着時に最も付着が少ない測定値を比較して算出。平均値は、裸眼時の平均と、JINSPROTECT装着時の平均を比較して算出。

お問い合わせ:JINS https://www.jins.com
構成/CLASSY.ONLINE編集室

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup