【カルティエほか】センスのある大人が選んだ「憧れハイブランドの腕時計」3選

センスある先輩が、時計を迎えた理由って?そこには、ただ時を刻む装飾品としてだけではない、それぞれの価値観に基づいたとっておきのヒストリーがありました。

どんな自分でありたいか少し先をイメージして選んでいます

ライター・西道倫子さん

普段はTシャツやカジュアルな服装なので、時計の存在が〝働く大人〟としてのきちんと感を足してくれます。どんな自分になりたいか、今よりもちょっと先の自分をイメージして買っているかもしれません。その時はちょっと違うかな?と思っても、毎日つけていると似合うようになってくる。本当にその時計を愛していれば、自分にだんだん馴染んでくるんです。時計を選ぶときは、実際に腕にはめて顔や肌とのバランスを全身で確認することも重要だと思います。

ライター・西道倫子さん CLA

ライター・西道倫子さん
CLASSY.やSTORYなどの女性誌から、カタログ、オンラインメディアまで幅広く活躍。カメラマンやスタッフからの信頼も厚い。

※掲載のアイテムはすべて私物のため、ブランドへの直接のお問い合わせはご遠慮ください。

撮影/西原秀岳(TENT) 取材/小林 愛 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup