トレンチコートときれいめパンツで秋深まる大人女子のきれいめコーデ【着回しDiary】

今回の着回しDiaryは…
コロナ禍以降、転職市場の事情も一変。人手不足と言われながら外資系企業ではレイオフも発生したり、生き残りが難しい時代へ…。今月のストーリーはそんな転職戦線に立つ会社員が主人公。選んだ戦闘服はきれいめパンツ5本でした。

10/30(月曜日)
気持ちがおしまいになっちゃって
ハロワに駆け込むつもりが
結婚相談所に来てた。
「逃げの転職はしたくないのに
逃げの結婚はいいの?」と自問自答。

「すぐにでも結婚したいです!…

「すぐにでも結婚したいです!…あ、待って、ここで働けませんか?」と取り乱して対応してくれたお姉さんを困らせてしまった。そんなときに友達から「明日会えない?話があって」の連絡。仕事が絶好調だと昨日インスタストーリーに上げてた。今の私、そんな話聞いてあげられる余裕ないと断ったのに、いいから会社に来てと強引…。バッグ¥165,000(ボナベンチュラ)PCバッグ¥7,700(アビステ/買えるCLASSY.)パンプス¥17,050(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

通勤・転職活動・オフの日も使えて
好印象を与えるアイテム

今月の主人公は…

鹿沼ユキ・32歳。繊維系商社勤務。どんな業務でも与えられた仕事はそつなくこなし、同僚からの信頼は厚い。仕事は好きだけどとくにやりたいことや野望はなく、気づけば新卒で入社してはや10年。部署解散を受け、慌てて転職活動に対応できる服を揃えることに。

撮影/遠藤優貴〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/鹿沼憂妃  ヘアメーク/小松胡桃(ROI) スタイリング/平沼洋美 取材・文/野田春香 撮影協力/Deloitte Tohmatsu Innovation Park、蕎麦 永盛、おさかな本舗たいこ茶屋 再構成/Bravoworks.Inc

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup