『イッテO!』編集部からの依頼で…世界一周旅行をするトラベルライター茜の「着回しDiary」【7月上旬編】

今回の着回しDiaryは…
今月の主人公は、急に世界一周取材旅行に行くことになった旅ライター。その土地に合わせたコーデを楽しみながら、気候にも対応したワードローブは参考になること間違いなし!仕事、恋、人生観…運命の歯車が動く1カ月――厳選13着と必要最低限の小物で、いざ!

7/1(土曜日)@タイ

タイ・スコータイ遺跡で取材スタート!
今日の最高気温は35℃だって。
日本と空の色が違うな〜!

タイ族の最古の王朝の都スコータ

タイ族の最古の王朝の都スコータイへ。雲ひとつない快晴でツイてる!リブタンク×ブルーデニムにキャップでカジュアルに決めて、動画撮影もバッチリ。幸先よいスタート!

土地の気候に対応した
“厳選服”と必要最低限の“小物”

7/2(日曜日)@タイ

遺跡を取材していたらスコールが!
熱帯の雨って激しすぎ。
フード付きブルゾンが大活躍

熱帯気候の雨の勢いがすごくて、

熱帯気候の雨の勢いがすごくて、慌てて室内へ避難!シャカシャカ素材のブルゾンとカーゴパンツを着ていて助かった~!1時間ほどで雨は止んだけど、少し気温が下がった気がする。

土地の気候に対応した“厳選服”と
必要最低限の“小物”

7/3(月曜日)@タイ

空港のラウンジでデータ納品して
PC片手に最終便でシンガポールへ。
こんな生活憧れてた♡

空港のラウンジでタイ分の撮影デ

空港のラウンジでタイ分の撮影データと原稿をデータ便で無事納品!移動は楽ちんなコットンワンピースにシャツを羽織って。最終便でシンガポール・チャンギ空港へGO。

土地の気候に対応した
“厳選服”と必要最低限の“小物”

7/4(火曜日)@シンガポール

シンガポール到着!
マーライオンに挨拶したら
現地の方にオススメスポットを取材

現地の方にオススメを取材!王道

現地の方にオススメを取材!王道にリトルインディアでカレー取材?チャイナタウンの人気の小籠包…?プラナカン建築群も映えて人気だって?室内の冷房が強いのでストール必須!

土地の気候に対応した
“厳選服”と必要最低限の“小物”

7/5(水曜日)@シンガポール

夜のルーフトップバーで
マリーナに打ち上がる花火を観賞!
いい出会いもありそう…!?

取材したお店のオーナーからパー

取材したお店のオーナーからパーティに呼ばれたので、今日はドレスアップ。金融マンに商社マンにフライト終えたパイロット…ちょっと前の自分だったらなびいちゃいそうだったけど…今の私は違うの。

土地の気候に対応した
“厳選服”と必要最低限の“小物”

7/6(木曜日)@インド

所変わってインド・デリーへ。
街から一歩離れると全然英語が通じない!
助けてポケトーク!

混沌とした街並みに見惚れていた

混沌とした街並みに見惚れていたら迷子に!編集部から手渡されたポケトークがインド英語対応で助かった(涙)。7月のインドは35℃以上の高温多湿ですが肌を隠して!お寺やモスクに行く際には帽子も準備。

土地の気候に対応した“厳選服”と
必要最低限の“小物”

7/7(金曜日)@インド

悠大なガンジス河を目の前にして
人生観変わりそう…。
PV数に振り回される人生って大変だぁ(涙)。
とはいえホテルからインスタライブ

今日のホテルの内装が可愛くて、

今日のホテルの内装が可愛くて、急遽インスタライブを開催。「何でも質問してください!」楽ちんコーデにスカーフをターバン巻きして、異国情緒を高めたのがコーデのポイント♪

土地の気候に対応した
“厳選服”と必要最低限の“小物”

7/8(土曜日)@インド

タージ・マハルへ向かう途中、
見覚えのある絵描きにバッタリ!
10年間止まっていた運命が動き出す…!?

【Akane’s

【Akane’s monologue】
あれは10年前――20歳のときに初めてひとりで行った海外旅行で出会った、絵描きの和輝。トラブルで野宿する羽目になった私を、自分の部屋に泊めてくれたんだっけ(何があったかはご想像におまかせします)。彼はLINEやインスタをやってないし、一度手紙をくれたけど私は返事を書かなくて…それっきり。でもあれが、私が旅を愛するようになったきっかけだった――。そして私のスーツケースには、いつも古ぼけたスケッチブックが入ってる。

タージ・マハルのある古都アグラへ。そこでまさかの再会…!「また会えるかな?」「…西へ向かう」という言葉は聞こえたけど…。
[和輝]タンクトップ¥12,980(レアセル/タートル)パンツ¥5,940〈キャスパージョン〉バングル¥20,900〈ライオンハート〉(ともにSian PR)ベレー帽¥6,050(カシラ/CA 4LAプレスルーム)メガネ¥49,500(ジャック デュラン/ジャックデュランジャパン)

土地の気候に対応した
“厳選服”と必要最低限の“小物”

7/9(日曜日)@UAE(ドバイ)

予定通りアラブ首長国連邦・ドバイへ。
世界一の高さのブルジュハリファから
実況中継!高~い!

高さ828mの世界一の眺望を堪

高さ828mの世界一の眺望を堪能!ドバイ7月の平均気温は41℃。強すぎる日差しと宗教上の理由で、長袖や羽織りなど肌をカバーできる服が安心。ブルーワントーンで街を散策&取材!

土地の気候に対応した
“厳選服”と必要最低限の“小物”

7/10(月曜日)@UAE(ドバイ)

和輝、今頃どこにいるのかな…
スケッチブックには、
10年前彼が描いてくれた私の似顔絵が。
これを見ると初心に返れるの

トランクには思い出のスケッチブ

トランクには思い出のスケッチブックと手紙。あのイタリア旅行での出会いが、旅ライターを目指したきっかけ。あのときの私は勇気がなくて…うまく手紙の返事が書けなかったんだ。

土地の気候に対応した
“厳選服”と必要最低限の“小物”

土地の気候に対応した
“厳選服”13着と必要最低限の“小物”

【今月のあらすじ】 茜・30歳

【今月のあらすじ】
茜・30歳。ライター。大好きな旅行を専門に、主にウェブサイトで執筆中。ライター業だけではままならず、バイトも掛け持ちする日々。ある日、普段お世話になってるウェブマガジン『イッテO!』の編集部から「1週間後から世界一周取材行けます?」と連絡が。これは完全に誰かが行けなくなって私に話が来た系ですね。でもいい!ビッグチャンス到来!二つ返事で「行けます!」。

撮影/遠藤優貴〈人物〉、清藤直樹〈静物〉 モデル/堀田 茜 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/児嶋里美〈女性分〉 イラスト/栗尾美月 旅程監修/亀井友里子 取材・絵/佐藤かな子 撮影協力/AFLO、AWABEES 再構成/Bravoworks.Inc

Pickup