カジュアルなのに、大人可愛い…「最新デニムコーデをアップデートしてみた!」

憧れはあるものの、難易度が高そう…と諦め続けていた〝デニムONデニム〟。デニムシルエットの自由度が増し、アイテムも豊富に揃う今こそ、そんな一歩先のオシャレにも挑戦できそう。CLASSY.スタイリスト3名に、三者三様の着こなしテクを教えてもらいました。

大人可愛い担当スタイリスト・児嶋里美さんの「デニムonデニム」コーデ

短丈Gジャン×ドット柄シャツ×小物でビンテージ風甘口スタイル

デニム以外は可愛いアイテムで揃

デニム以外は可愛いアイテムで揃えれば絶妙なバランスに。Gジャン¥22,000(ヘルシーデニム/ゲストリスト)パンツ¥12,100(スピック&スパン/スピック&スパン ルミネ有楽町店)シャツ¥2,990(UNIQLO)バッグ¥270,600 パンプス¥204,600(ともにロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)カチューシャ¥24,200(アレクサンドル ドゥ パリ/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店)ブレスレットにしたネックレス¥14,850(エイチ アッシュ/フォーティーン ショールーム)

教えてくれたのは...スタイリスト・児嶋里美さん

ほんのり可愛さを残したカジュア

ほんのり可愛さを残したカジュアルコーデが甘口派から大人気。「乙女心を刺激してくれる小物を取り入れて、女らしく仕上げました」

撮影/佐藤 彩 モデル/土生瑞穂(櫻坂46) ヘアメーク/木部明美(PEACE MONKEY) スタイリング/児嶋里美 取材/伊藤綾香 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202406月号

4月26日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup