特集

スタイリストに聞いた「白シャツ&デニム」を今っぽく見せるコツ【児嶋里美さんの場合】

CLASSY.ベーシックの根幹を担うと言っても過言じゃない、白トップスとデニム。アレンジしがいのあるこのふたつのアイテムを、今ならどう選んでどう着こなす?CLASSY.スタイリストが導き出す、最新スタイルは必見です。

スタイリストに聞いた「白シャツ&デニム」を今っぽく見せるコツ【平沼洋美さんの場合】

スタイリスト・児嶋里美さんおすすめコーデ

甘ブラウスとハイウエストデニムで’70年代のエスプリ感じる着こなし

【SACRA】 ブラウス¥26

【SACRA】
ブラウス¥26,400(スタジオ ブラン/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿ウィメンズストア)デニム¥39,600(サクラ/インターリブ)バッグ¥52,800(ケイト・スペード ニューヨーク/ケイト・スペード カスタマーサービス)シューズ¥16,500(オデット エ オディール/オデット エ オディール新宿店)〈右手〉エメラルドリング¥162,800シトリンリング¥222,200〈左手〉マラカイトリング¥63,800(すべてマリハ)

主役に据えるのではなく、トップスをイメージ通りに着地させるツールとして使う――それが私的デニムとの向き合い方。まだまだ惹かれ続ける甘ブラウスはデニム効果で持ち味を中和。この袖コンなブラウスも、あくまで白T感覚でさらりとこなしたいからワイドなデニムで。甘い服着た甘くない女のコのイメージです。(児嶋里美さん)

スタイリストの私物デニムも紹介!

「甘トップスのハズしに使うこと

「甘トップスのハズしに使うことの多いデニム。春夏は色落ちした明るいものが活躍します。左はLevi’s®、アウトレットのワゴンから探し出した戦利品。約2000円!右はみんなはいてる美脚デニムの5 1/2、中央はプチプラながら、はくたびに褒められまくるH&M」

教えてくれたのは…

児嶋里美さん リボンやフリル、

児嶋里美さん
リボンやフリル、きれい色…女の子が大好きな要素を大人の甘さにまとめ上げる手腕はCLASSY.随一。衣装のようなインパクトのある服や小物を、涼しい顔して取り入れるプライベートの着こなしにも注目が集まる。

撮影/土山大輔(TRON)〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉 スタイリング/児嶋 里美 モデル/松島 花 ヘアメーク/桑野 泰成(ilumini) 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

「春コーデ」関連記事

真似しやすい、大人の春コーデ「シャツワンピは、ブルーストライプが着回し力高め!」

真似しやすい、大人の春コーデ「定番の白シャツをかっこよく着る」

アラサー女子の「春トレンドの人気アイテム」で大人カジュアルコーデ6選

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

MOVIE

買えるCLASSY.

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus