「ジレ」の着こなし幅は思ってたより広い!?大人の意外な着こなしテクニック

昨年から引き続き、トレンドが続く「ジレ」。ジャケットよりも今年らしいのにきちんと見えて、お仕事服をオシャレにアップデートしてくれる…まさに〝カッコいい先輩〟の装いには必須!お仕事シーンで着やすいジレの選びや、着こなし方をレクチャーします。

合わせるアイテム次第でいろんなテイストに着られる!

オフィカジスタイルの幅が広がった今、ベーシックなジレと同じように、ツイードだってマルチに対応。使う色数をおさえればキレイにまとまります。

スポーティなスニーカー通勤もジ

スポーティなスニーカー通勤もジレできちんと感を
雰囲気が全然違うロゴTとだって大丈夫。むしろありがちなコーデが見違えて新鮮に。グレーのワントーンなら主張の強いカラージレをなじませてくれます。バッグの色もリンクさせて、コーデにまとまりを出すと◎。ジレ¥35,200(デミルクス ビームス/デミルクス ビームス 新宿)Tシャツ¥9,790(レミ レリーフ/ユナイト ナイン)パンツ¥25,300(MIESROHE)ネックレス¥9,720 ブレスレット¥5,500(ともにアビステ)スニーカー¥39,600(デイト/ティースクエア プレスルーム)バッグ¥146,300(ピエールアルディ/ピエール アルディ 東京)

教えてくれたのは…

教えてくれたのは…スタイリスト・乾 千恵さん
CLASSY.やSTORYで活躍するスタイリスト。ベーシックなアイテムでもさりげなく華やかに見せるのが得意。どんなジレを選べば失敗しないかを聞きました!

撮影/芹澤信次〈人物〉モデル/松井愛莉 ヘアメーク/小松胡桃(ROI) スタイリング/乾 千恵 取材/野田春香 撮影協力/JOE TALK COFFEE 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Pickup