女優・山本美月さんが考える「大人のベーシックコーデ」【甘い服も自然体で着る!】

今月からカバーを担うのは女優・山本美月さん。意志ある瞳が印象的な彼女が体現するのは、CLASSY.のアイデンティティである〝カッコいい女性〟。まずは30代の私たちが身に着けたいベーシックスタイルとともに、ファッションを通して見つめる自分らしさや理想についてインタビュー。2023年、〝CLASSY.×カッコいい山本美月〟の新しい1ページが始まります!

甘い色もフェミニンなシルエットも自然体の自分でモノにできたら最高

モデルとしてデビューしてからずっと憧れだったCLASSY.のカッコいいベーシック。1年前の初登場以来、驚くほど自然に、居心地よく、楽しく撮影に臨んでいます。今号の表紙はどうでしたか?大好きなファッションは、私もまだ勉強の途中。読者のみなさんと一緒に、自分の中の新たな可能性を見つけていきたいです。どうぞよろしくお願いします!

スウィートなフェミニン要素を、

スウィートなフェミニン要素を、大人ならではのスタイリングで等身大にアレンジ。ピンクもギンガムチェックのボリュームスカートも、媚びない甘さに仕上げるのが30代のバランスです。ニット¥33,000(スローン)スカート¥73,700(マディソンブルー)パンプス¥154,000キャスケット¥83,600(ともにロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)ピアス¥5,400ゴールドバングル¥8,640パールブレスレット¥10,290(すべてアビステ)

※文中のジュエリーの素材は、YG=イエローゴールド、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、SV=シルバーを表します。

撮影/柴田フミコ モデル/山本美月 ヘアメーク/笹本恭平(ilumini) スタイリング/荒木里実 取材/西道倫子 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup