最旬「紺ブレコーデ」のコツ。大人がシャツを合わせる場合のポイントは…

通勤にも週末にも、みんなが頼りにしている紺ブレ。〝王道〟というだけあってありきたりに見えたり、古く見えないように、着こなしの鮮度を上げる意識が必要です。でも実は、難しい攻略法は不要!なぜなら、難易度の高いトレンド服や着こなしに挑戦しても、紺ブレが全部受け止めてくれるから。

定番アイテムを今年っぽく合わせるなら

まずはワンピースやシャツ、ニットといった定番アイテムと紺ブレを合わせる場合、去年までの着こなしと何をどう変えるか?全体のシルエットや配色、素材感など、ちょっとした工夫で断然見違えます!

紺ブレ×シャツ

意外性のあるベージュシャツを軸に茶系ワントーンでまとめて秋らしく

ハンサムな印象を与えるバンドカ

ハンサムな印象を与えるバンドカラーシャツは、ここ数シーズンで定着してきたアイテム。よくある白やブルー系ではなく、新鮮味のあるベージュを選んで秋の雰囲気を忍ばせたのがポイント。ジャケット¥69,300(ebure/ebure GINZA SIX店)シャツ¥19,800(デミルクス ビームス/ビームス ハウス 丸の内)ハーフパンツ¥14,300(ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ丸の内店)バッグ¥119,900(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)ネックレス¥24,310(ソコ/ZUTTOHOLIC)

撮影/松永大樹 モデル/有末麻祐子 ヘアメーク/川村友子 スタイリング/濱口沙世子 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Feature

Magazine

最新号 202407月号

5月28日発売/
表紙モデル:堀田茜

Pickup