特集

イケメンだらけ?たまに険悪!?「女性ファッション雑誌制作の裏側」【撮影風景編】

よくドラマの舞台にもなる、ファッション誌編集部。正直、「こんな意地悪な人いないし(そしてイケメンもいない…)」と観ていて思ったりします。では実際どんなかんじ?敏腕フリーランスライターの1カ月に密着しました。

意地悪な人が多い?ギスギスしてる!?「女性ファッション雑誌制作の裏側」【撮影前の準備編】

「いざ、撮影!」ライターは何をしている?

撮影がスムーズに進むよう、段取りを組むことが任務。朝食や差し入れを調達したり、どこでどのルックを撮影するのか、的確に流れを伝えて、モデル含めスタッフ全員が心地よく撮影に臨める環境を整えます。初対面のスタッフと撮影することも頻繁にあり、コミュニケーション力や雑談力が問われる場面も多々。

  • 撮影がスムーズに進むよう、段取

    \オーちゃんにはティーラテを/
    撮影当日は差し入れの買い出しからスタート。その日のモデルやスタッフの嗜好を踏まえて調達します。スタバはみんなが喜ぶ差し入れ。

  • 撮影がスムーズに進むよう、段取

    モデルの支度が始まる前に、ヘアメークさんに企画内容とスタイリングをシェア。ヘアメークのイメージやネイルの色を相談します。

  • 撮影がスムーズに進むよう、段取

    メーク中に他のスタッフと撮り方や撮る順番について擦り合わせ。ヘアメークに同席しながらモデルにインタビューをすることも。

  • 撮影がスムーズに進むよう、段取

    コンテを元に企画内容やページのイメージを説明。撮影の流れやカット数も伝えます。モデルやスタッフとの雑談も大切な仕事!

  • 撮影がスムーズに進むよう、段取

    合間に衣装のブランドをチェックして情報収集。撮影現場でのスタイリストさんとの会話からプランが思い浮かぶこともしばしば。

  • 撮影がスムーズに進むよう、段取

    いよいよ撮影スタート。写真を確認しながら、次の衣装をスタイリストさんに伝えたり、小道具を用意して、撮影が円滑に進むよう準備。

  • 撮影がスムーズに進むよう、段取

    「可愛い!」の歓声が絶えないCLASSY.の現場。表情やポージングについて、スタッフ全員で相談しながら撮影するのが楽しい!

  • 撮影がスムーズに進むよう、段取

    企画意図が伝わる写真が撮れているか、意識しながら写真チェック。スケジュールが押さないように時間配分するのもライターの役割。

  • 撮影がスムーズに進むよう、段取

    \表情や服の見え方を確認して撮れ高をチェック/
    衣装チェンジの合間に、フォトグラファーと編集者と一緒に表情やポージングのバリエを確認し、次のカットのイメージを固めます。

撮影/杉本大希 ヘアメーク/小松胡桃〈ROI〉  取材/坂本結香 再構成/Bravoworks.Inc

「CLASSY.編集部」関連記事

名物企画『着回しDiary』はどうやって作られている?【制作工程編】|担当編集&ライターが舞台裏を暴露

名物企画『着回しDiary』はどうやって作られている?【最新号裏話編】|担当編集&ライターが舞台裏を暴露

『着回しDiary』ファンタジー担当の舞台裏って?【ストーリー編】|キツネ男、男女入れ替わり、宇宙旅行…

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus