特集

意地悪な人が多い?ギスギスしてる!?「女性ファッション雑誌制作の裏側」【撮影前の準備編】

よくドラマの舞台にもなる、ファッション誌編集部。正直、「こんな意地悪な人いないし(そしてイケメンもいない…)」と観ていて思ったりします。では実際どんなかんじ?敏腕フリーランスライターの1カ月に密着しました。

【柳楽優弥さん×有村架純さん】最近の癒しは? 次に演じるならどんな役? 素顔に迫る独占インタビュー。

「撮影までの準備」ライターは何をしている?

企画が決まったら編集者と打合せを行い、各スタッフに撮影を依頼。スケジュールを聞くだけでなく、なぜお願いしたいのか、誰からの指名なのかなど編集部の意図もきちんと伝えます。よりよいページにするべく、企画に携わる各スタッフとやり取りし、撮影日に向けて調整を行うのもライターの仕事です。

  • 企画が決まったら編集者と打合せ

    \ご案内します!/
    坂本結香

    大学生のときからJJ編集部でアルバイトし、卒業後は広告関係に就職するも、転職してフリーランスライターに。CLASSY.、VERY、STORY他、オンラインやカタログでも活躍。

  • 企画が決まったら編集者と打合せ

    編集部の入り口にはバックナンバーのビジュアルが。約20名のライターが編集者と班を組み、本誌とオンラインに携わっています。

  • 企画が決まったら編集者と打合せ

    編集者作成のコンテを元にフォトグラファーと打合せ。企画趣旨や衣装イメージを説明し、撮り方や撮影場所、小道具などを相談。

  • 企画が決まったら編集者と打合せ

    コンテはこんな感じ!

  • 企画が決まったら編集者と打合せ

    フォトグラファーとの打合せを踏まえて、ロケ地のアポ入れ。撮影場所が決まったらタイムスケジュールを組んで全スタッフに共有。

  • 企画が決まったら編集者と打合せ

    並行して来シーズンのトレンドリサーチのために展示会へ。プレスとの情報交換を通じて、ファッションやモノづくりの傾向をキャッチ。

  • 企画が決まったら編集者と打合せ

    \気になったアイテムやコーデをプラン用に撮影/
    CLASSY.にハマるスタイリングを資料用に撮影。展示会回りはプランを考える上でも欠かせない仕事。この日は#Newansの展示会に。

  • 企画が決まったら編集者と打合せ

    \スタイリスト目線のこだわりを取材/
    編集長チェックの前に、スタイリストとライターでコーディネートを確認。スタイリングのポイントも取材し、原稿に反映します。

  • 企画が決まったら編集者と打合せ

    コーディネート写真をページ順に並べて最終確認。編集者、スタイリストと一緒に、着用するモデルやシーン設定などを決めます。

  • 企画が決まったら編集者と打合せ

    小道具の買い出しもライターの重要な仕事。おしゃれな花屋や小道具に映えそうなスイーツ情報に常にアンテナを張っておくのも大切。

さらに撮影現場で何をしているの?記事ができるまでは…?という内容は後編でご紹介します。

撮影/杉本大希 ヘアメーク/小松胡桃〈ROI〉  取材/坂本結香 再構成/Bravoworks.Inc

『CLASSY.編集部』関連記事

名物企画『着回しDiary』はどうやって作られている?【制作工程編】|担当編集&ライターが舞台裏を暴露

名物企画『着回しDiary』はどうやって作られている?【最新号裏話編】|担当編集&ライターが舞台裏を暴露

『着回しDiary』ファンタジー担当の舞台裏って?【ストーリー編】|キツネ男、男女入れ替わり、宇宙旅行…

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus