特集

内田理央さんに学ぶ!「大人のTシャツワンピ、上手な着こなし方」

初めてCLASSY.に登場してもらった撮影日、内田理央さんが着ていた私服はシンプルな白Tにブルーデニムでした。そう、私たちの夏の制服といえばTシャツ。飽きずにずっと着ていたいから、新鮮な着こなしを考えてみました。

内田理央さんに学ぶ!「ピンクのTシャツ、大人の上手な着こなし方」

Tシャツワンピは付け衿をプラスしてNOTご近所コーデ

シーンを問わず、ボーダーレスに活躍するTシャツワンピ。+1するなら旬の付け衿を迎えて、ご近所に限らずオンラインでも映える着こなしを楽しもう。

  • シーンを問わず、ボーダーレスに
  • シーンを問わず、ボーダーレスに

デイリーユースにぴったりのTシャツワンピ。お出かけ顔の衿をアクセサリー代わりに付けるだけで、いつものワンピが見違えます。Tシャツワンピース¥25,300(エイトン/エイトン青山)付け衿¥3,190(アズ ノゥ アズ ピンキー/アズ ノゥ アズ)バッグ¥60,500(HEREU/エスケーパーズ オンライン)シューズ¥6,050(チャールズ&キース/チャールズ&キース ジャパン)サングラス¥13,200(JINS)

FROM RIO

「プライベートでもよく着る、楽ちんTシャツワンピ。衿を付けるだけでこんな着まわし方ができるなんて!白衿じゃなくて黒衿、馴染む色もポイントなのかな」

着用したアイテムはこちら

ATON ボディラインを整えて

ATON
ボディラインを整えてくれるシルエットは、程よく光沢のある素材感でキレイめな印象に仕上げ。
Tシャツワンピ¥25,300(エイトン/エイトン青山)

撮影/谷田政史(CaNN・人物)、魚地武大(TENT・静物)モデル/内田理央 ヘアメーク/渡嘉敷愛子 スタイリング/斉藤美恵 取材/清水亮子 再構成/Bravoworks.Inc

「Tシャツ」関連記事

白でも、黒でもない!夏の無地Tシャツコーデ7選【ニュアンスカラー編】

ファッション業界人が「似合わなかった服」本音で座談会!!

夏に便利な「重ね着しても暑くないアイテム」9選

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus