特集

ファッション業界人が「似合わなかった服」本音で座談会!!

勝者がいれば敗者だっているもの。そこでこれまで幾度となく勝利と敗北を経験してきた(!?)CLASSY.スタッフが座談会を実施。敗北の原因を探りつつ勝率を上げるための条件を考えました。やっぱり〝優勝〟できるオシャレって、着た時最高に気分がいいから!

こんな服はNG

ファッション業界人が「買わないほうがよかった服」3つ

使える私物、使えなかった私物トーク!

色や丈、ネックラインなど自分にとってしっくりくるベーシックを見極めるべし!

前田:家で洋服を探してたら、「
Tシャツは自分的にしっくりくるネックラインを知っておくのがBEST。私はキュッと首が詰まったもの!(児嶋さん) 私は少し首まわりゆったりが好きみたいです。(前田)

前田:家で洋服を探してたら、「コレは敗北」っていうのはたくさんあったのに、「優勝」が少なくて…(苦笑)。
児嶋そこよね、優勝中の「優勝」ってこんなに洋服を持っていても少ないなって。それでも一生買い続けてしまうのが私たちってモンよ。
広田:私も盛大に「敗北」を繰り広げている人生です!とはいえ少しずつ「私にはコレだ」っていうベーシックは見えてきた感じもあります。
前田:そうだね!最初にトップスからそれぞれの「優勝」と「敗北」を語っていきましょうか。
児嶋:私の「優勝」は、コンパクトな白Tかな。サイズ感とギュンギュンに詰まった首まわりが好き。同じルールで、細ボーダーのTシャツも「優勝」!春夏秋冬、全部着てるよ。
前田:Tシャツだと私は首まわりがなだらかに開いたものが好きです。
広田:私は児嶋さんと一緒で、首ギュンギュン派ですね。
前田:私たち全員骨格タイプはストレートで同じですけど、やっぱり好みってありますもんね。
児嶋:自分的にしっくりくるか、自分に似合ってると思えるかって、大事なポイントだよね。人から見たら「全然似合ってるよ」って言われるアイテムでも、結局自分がしっくりこなかったら、絶対着ないしね。
広田:ベーシックなトップスこそ、自分の中で特にしっくりくるものを知っておくとよさそうですね!
児嶋:サイズ感で言うと、私の「敗北」トップスはビッグサイズの白シャツかな。ベーシックの中にも流行りってあるし、進化していってるじゃない?昔はシャツも細身が全盛だったのに、今はビッグシルエットが主流になってるし。私の「敗北」シャツは、その中でも過度に進化しちゃったヤツです。
広田:ビッグシルエットすぎたってことですか?
児嶋:そう、進化の途中くらいで留めておいたらよかったと思う(笑)。

骨格ストレートタイプって何?という人は

【骨格診断】これで完璧!タイプ別のあなたに似合う服について解説!

座談会をしたのは、こちらの3名

  • 前田:家で洋服を探してたら、「

    スタイリスト・児嶋里美さん
    CLASSY.の〝大人可愛い〟の達人といえば、この方!色柄の取り入れ方やSサイズコーデの先生としても厚い支持。

  • 前田:家で洋服を探してたら、「

    ライター・広田香奈
    カジュアル育ちの同世代ライター。30代になり、突然シンプル&キレイめな装いに目覚める。好きな服は2色買い派。

  • 前田:家で洋服を探してたら、「

    編集・前田章子
    甘服全盛期を経て、カジュアルデビュー。毎シーズンの〝とっておき〟アイテムを着倒すタイプの、トレンドラバー。

他にもまだある、買ってよかった/後悔した服。さらに座談会は続きます。

撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE) イラスト/itabamoe 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

「買ってよかった服」関連記事

ファッション誌に3年連続掲載の「超名品服」【走れるパンプス】

ファッション誌に3年連続掲載の「超名品服」【女っぽく見えるボーダー】

ファッション誌に3年連続掲載の「超名品服」【細見えノースリT】

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus