コロナ禍でも売れ続ける「3つの人気ブランド」いったい、なぜ?

生活様式が変わっても、着る機会が減ったとしても、それでも「欲しい」と思う服があるブランド。数多ある中で選ばれるのは、商品の質がいいから?きっとそれだけではありません。信念と情熱、そして愛――購入の先にある私たちの姿にまで、作り手は想いを馳せていました。

ETRÉ TOKYO(エトレトウキョウ)

「自分のために着て」と伝え続けた背中開きドレスはコロナ禍でも3回再販!

実は初めてシーズンテーマを設けなかったんです。生活が変わったお客様がたくさんいる中で、日々上がったり下がったりする気分に、寄り添えるコレクションというのもいいなと思って。人気のワンピースはもちろん、フェミニンからモードまで、選ぶお客様に決めていただきたいです。

ánuans(アニュアンス)

バランス感覚を大切にしたオフィスでもしっかり着られるお洒落なコンサバスタイル

ほどよいバランスが強みの一つ。お洒落さも大事だけど、普段の環境になじむことも同じくらい大事。だからこそ〝お洒落なコンサバ〟という軸で提案しています。また色選びは女性らしさを引き立てるニュアンスカラーを中心に、ブランドらしさを出せるよう慎重に選んでいます。

JOIÉVE(ジョエブ)

お呼ばれだけでなくカジュアルに合わせて普段使いも楽しんで

お呼ばれ服をメインに提案していますが、ぜひ普段使いもしてほしい!スニーカー合わせの日にも、普段からちょっとしたドレスアップをして自分の気分を上げていただきたいです。誰かのために洋服を着るのではなくて、自分自身が楽しめているかが何よりも大切だと思います。

撮影/望月宏樹 モデル/宮城 舞  ヘアメーク/室橋佑紀(ROI) スタイリング/村瀬萌子 取材/広田香奈 再構成/Bravoworks.Inc

Pickup