特集

スタイリストが選び抜いた「土台服」が使える!【デニムパンツ】

おしゃれがちょっと手抜きになる…そんな時でも、コーディネートの基本となるシンプルな”土台服”こそきちんとするだけで見違えるもの。カジュアル派・平沼洋美さん、きれいめ派・大島 愛さん、二人のスタイリストが選んだ土台服と、今年着たいコーディネートをご紹介します。第2回は、「デニム」編です。

こちらもおすすめ

はきやすいのに太って見えない美脚デニム7選【❼ミラ オーウェン】

カジュアル派・平沼洋美さんの選ぶデニムは…LEVIS

ハイウエストでサイドスリット入りがお気に入り

  • おしゃれがちょっと手抜きになる

    「ハイウエストでサイドに深いスリットが入っているから脚長に見えるし、今っぽいので気に入っています。今年こそは、デニムonデニムに挑戦したいと思っていて。上下デニムでも重たく見えない淡いブルーは爽やかで、これからの季節も活躍しそう」

  • おしゃれがちょっと手抜きになる

    「デニムONデニムなら、上下で色が違うほうが合わせやすいと思って。Gジャンは、ドロップショルダーでゆるっと羽織れるところが今の気分にマッチ。足元はボリュームをもってくる方が好きなので、華奢なヒールではなくサンダルにしました」

    Gジャン、デニムパンツ:LEVIS
    カットソー:HANES
    バッグ:BOTTEGA VENETA
    サンダル:MARNI

きれいめ派・大島愛さんの選ぶデニムは…RED CARD

程よくカジュアルなストレートシルエットが今の気分

  • おしゃれがちょっと手抜きになる

    「季節的にも程よい色落ちのこの色味に惹かれました。今までならたぶんテーパードを選んでいたけれど、あまりコンサバにならないストレートシルエットの方が最近の気分です。腰の丸みに沿うカーブも女らしく見えるし、ハイウエストだからスタイルアップ効果も狙えます」

  • おしゃれがちょっと手抜きになる

    「カジュアルなアイテムには甘いアイテムを合わせたくて、黒のドットのシアーブラウスを選びました。普段から甘いブラウスを合わせることが多いのですが、程よくゆとりのあるシルエットのデニムなら、カジュアル感がプラスされていいバランスになります。足元はマイブームのピンクの靴で遊び心をプラスしました」

    デニム:RED CARD
    ブラウス:Ballsey
    バッグ:no brand
    ストール:ASAUCE MELER
    パンプス:PELLICO

定番のデニムこそ更新が必要。今年っぽいシルエットと色を選んだら、カジュアルスタイルもきれいめスタイルもぐっとバージョンアップできるはず。お次は、「シャツ」編です。お楽しみに!

取材/田村宜子 編集/本間万里子(CLASSY.編集部)

合わせて読みたい

定番「デニム」をダサく見せない「大人コーデ」3選

オシャレな人の「ユニクロでリピ買い」が知りたい!|デニム、Tシャツ、スウェット

【全身GU×モノトーンコーデ】トレンドのシアーシャツとデニムを着回し

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus