定番「デニム」をダサく見せない「大人コーデ」3選

シンプルなベーシック服をサラッと着こなす人に憧れがあるけれど、実際自分が着てみると、どこか手抜き感が目立って野暮ったい…そんなアラサー女子のために、「ダサ見えしないベーシック服の着こなし講座」を開催。ひとつのベーシック服をそれぞれ「キレイめ/カジュアル」に着回したコーデ見本をご紹介します。今回はデニムの定番「ブルーデニム」の着こなしをチェック!

今回使用するおすすめの「ベーシック服」は...?

色落ちがキレイなデニムブランドの “ブルーデニム”

「ジェーンスミス」のほどよくウ

「ジェーンスミス」のほどよくウォッシュが効いたブルーデニム。自然な色落ちなので、カジュアルにもキレイめにも難なくハマります。脚がキレイに見えるストレートシルエットは、トップスとのバランスも取りやすく、コーデが洗練された印象に。長く穿き続けたいアイテムは、潔く信頼できるデニムブランドに投資するのが◎。デニム¥31,900(ジェーン スミス/UTS PR)

「デニム」をとことん着回し3コーデ

スタイリスト・近藤さん直伝!

他にもこの「デニム」がおすすめ!

絶妙な太さがちょうどいい “テーパードデニム”

名品揃いの「レッドカード」のテ

名品揃いの「レッドカード」のテーパードデニム。太すぎず細すぎずなシルエットが魅力的で、ヒールからスニーカーまで、どんな靴を合わせても脚をキレイに見せてくれます。色が薄めのデニムは幼く見えがちですが、絶妙なウォッシュが効いているので、服とのバランスを取りやすいのが嬉しい。この夏は明るめのトップスを合わせて、トーンを揃えながら淡めの色合いのコーデで着るのがオシャレ。デニム¥20,900(レッドカード/ゲストリスト)

教えてくれたのは…スタイリスト・近藤和貴子さん

1991年生まれ。身長164cm。女性誌やビューティ誌、モデルやタレント、女子アナのスタイリングまで幅広く担当する。カジュアルスタイルをベースにアレンジを効かせるコーディネートはInstagram(@wakikokondo)でもファンが多い。行きつけのショップはCABANやカレンソロジーなど。

【お問い合わせ先】アイヴァン 東京ギャラリー☎︎03-3409-1972/アガット☎︎0800-300-3314/UTS PR☎︎03−6427-1030/ヴァジックジャパン☎︎03-6447-0357/ヴァンドームヤマダ☎︎03-3470-4061/エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店☎︎03-6738-3845/ゲストリスト☎︎03-5728-8788/ココシュニック☎︎03-5413-5140/コンバースインフォメーションセンター☎︎0120-819-217/シャポード オー 東急プラザ銀座店☎︎03-6280-6576/シルバー スプーン☎︎0800-300-3330/ストラ☎︎03-4578-3431/ダイアナ 銀座本店☎︎03-3573-4005/トゥモローランド☎︎0120-983-511/ビームス 公式オンラインショップwww.beams.co.jp/フルラ ジャパン☎︎0120-951-673/ヘインズ ジャパン カスタマーセンター☎︎0120-456-042/メゾン イエナ☎︎03-5731-8841/レリアン☎︎03-6834-7224

撮影/谷口巧(PygmyCompany)〈人物〉、皆川哲矢〈静物〉 モデル/川森麻海(CLASSY.LEADERS) ヘアメーク/小松胡桃(ROI) スタイリング/近藤和貴子 取材/所 優里 編集/平賀鈴菜(CLASSY.ONLINE編集室)

Magazine

最新号 202405月号

3月28日発売/
表紙モデル:山本美月

Pickup