特集

この春、大人女子が「服を買わなくなった」7つの理由

人と会う機会も、そもそも外出自体も、以前と比べて格段に少なくなりました。予定やシーンを考えながら買物をしていた私たちにとって、それはとてつもなく大きな変化。理由がないと服を買わない時代です。だけど理由を見つけて買い物をしたい。そんな私たちの買物欲を後押ししてくれるのが、「スタイルよく見える!」「あの約束で着たい」「いいものだから永く大切に使えそう」「リモワ用に欲しい」などのモチベーション。買わなくなった理由を考えた上で「私たち、やっぱりオシャレがやめられない!」という思いについて探ります。

今年の春は「Gジャンを着ない方がいい」5つの理由

理由1.永く使えなかった

→せっかくお金を使うなら、息の長い定番にしてみよう

「たくさんの洋服や小物を買って捨てていたことに気づき、せっかくお金をかけるんだったら長く使えるものを…それが、コロナ禍になっていちばん意識が変わった点です。いつかは欲しいと思っていた憧れのバッグもこの機会に手に入れて大切に使っていきたい…。永遠の定番といわれるものに予算を割きたいと思っています」(30歳・マスコミ勤務)

タイムレスな魅力を放つ憧れのダ

タイムレスな魅力を放つ憧れのダイヤモンド形のキルティングは最愛カラーで堪能したい
オシャレに一生モノはないけれど〝シャネル〟のチェーンバッグだけは例外だし、特別。今この瞬間はもちろん、何年先でも色褪せないと、確信がもてるアイテムです。だからこそ、選んでみたいのがヴィヴィッドなピンク。着こなしをフレッシュに見せてくれるだけでなく、自分らしさをアピールできる逸品なのです。バッグ[縦12×横20×マチ6㎝]¥453,200 ジャケット¥1,303,500 ニット¥389,400 スカート¥432,300(すべてシャネル)

理由2.トレンドを追いかけすぎた

→この春は、数シーズン定番で、上質なシンプルな服を買おう

「トレンドを追いかけたい、たくさん服が欲しい、というマインドから、上質なシンプル服に目が向くようになったのが、ここ1年の大きな変化。〝定番の名品〟と言われる服の満足度は、さすが!私の気分を上げてくれるのは、見た目だけじゃなく、着心地までいい服にシフトしています」(28歳・外資系金融勤務)

カジュアルなのに女っぽい細見え

カジュアルなのに女っぽい細見え効果も絶大なノースリが今どきTの主流
Tシャツ¥12,100(エイトン/エイトン青山)ジャケット[TOMORROW LAND別注]¥71,500(エイトン/TOMORROWLAND)パンツ¥27,500(THIRD MAGAZINE/THIRD MAGAZINE)サングラス¥39,600(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)ネックレス¥44,000 リング¥46,200(ともにココシュニック)バングル¥23,100(ドンナ/ココシュニック オンキッチュ有楽町マルイ店)ピアス¥58,300(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)サンダル¥31,900(ペリーコ サニー/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町)バッグ¥97,900(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)

理由3.スタイルが悪く見える服が多かった

→着太りするオシャレな服よりも、自分をスタイルよく見せてくれる服を選ぼう

「自分のオシャレがいつもの3割増しに感じる――そんな日に着ているのは、スタイルアップ効果の高い服。逆に、トレンドだけど実力以下にしか見えない服の日に、スタイルがいい人と並ぶシーンは本当に苦痛です(涙)。どんなに気に入ってもバランスが悪く見える服はスルーします」(34歳・歯科医)

  • 「自分のオシャレがいつもの3割

    美脚見えにこだわったキレイ色パンツで華ブラウスを受け止めたい
    落ち感の美しい鮮やかブルーのパンツ。トップスをタックインしたときの後ろ姿が自慢。

  • 「自分のオシャレがいつもの3割

    パンツ¥50,600〈ドゥロワー〉ブラウス¥63,800〈ティ ーマット マサキ パリ×ドゥロワー〉(ともにドゥロワー六本木店)2連ネックレス¥200,200(タナーズ インディアン アーツ/ロンハーマン)ピアス¥187,000 リング[右手]¥60,500〈ともにウノアエレ〉リング[左手]¥22,000〈ウノアエレシル バーコレクション〉(すべてウノアエレ ジャパン)サンダル¥47,300(ネブローニ/TOMORROWLAND)バッグ¥107,800(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)

理由4.地味で写真映えしないのが嫌

→たまの外出の写真に映えるような、印象的な服を探してみて

「新しくオープンした話題のホテルに出かけて、ランチして写真を撮るのが最近の唯一の楽しみです。そのためには素敵な服を手に入れたいし投資するのも惜しくない。印象的なシルエットや、トレンドのディテールなどを盛り込んだ、映える服をスタンバイさせています」(31歳・IT関連勤務)

  • 「新しくオープンした話題のホテ

    ホテルランチで久しぶりの「リアル」。ゆるムードの映え服でオシャレ心をアピール
    ボリューム袖や肌見せ具合が印象的なサマードレスはリラクシーな女らしさが魅力。ジャケットをプラスし、きちんと感も担保して。

  • 「新しくオープンした話題のホテ

    ワンピース¥44,000(ウーア/ジャーナル スタンダード レサージュ銀座店)ジャケット¥95,700(マディソンブルー/マディソンブルー)ネックレス¥26,400(マグーシュ/シジェーム ギンザ)ピアス¥82,500 バングル¥118,800(ともにウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)リング¥34,100(ココシュニック)サンダル¥22,000(エーエ メリー/カオス丸の内)バッグ¥39,600(ヘリュー/メゾン イエナ)

理由5.服を着てもテンションが上がらない

→着るだけで気分があがる、とにかく可愛い服のことを忘れない

「他人の目にどう映るかよりも、大事にしたいのは自分自身の高揚感。目に入るものはすべて可愛くまとめたいから服や小物はもちろん、ネイルやコスメまで気分が上がる!が選択基準です。お気に入りばかりを集めているとワードローブを眺めるだけでワクワク。オシャレが楽しくなるんです」(33歳・アパレル勤務)

  • 「他人の目にどう映るかよりも、

    とっておきのチュールスカートでいつものカジュアルをグンと格上げ
    繊細な素材感と上品なグラデーションで、心を捉えて離さない主役スカートを、×ロゴTで自分らしく。

  • 「他人の目にどう映るかよりも、

    スカート¥102,300(ebure GINZA SIX店)Tシャツ¥5,500(グッド ロック スピード×ビューティ&ユース/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ丸の内店)ピアス¥137,500〈ウノアエレ〉リング¥18,700 バングル¥19,800〈ともにウノアエレシルバーコレクション〉(すべてウノアエレ ジャパン)スカーフ¥9,680(マニプリ)

  • 「他人の目にどう映るかよりも、

    サンダル¥48,400(ネブローニ/プラージュ代官山店)バッグ¥149,600(トッズ/トッズ・ジャパン)

理由6.季節に左右される服が多い

→シーズンレスな服が最近増えている、お気に入りを1年の中でなるべく長く着よう

「自分の体型や趣味にピタリとハマる服にはなかなか出合えないのが現実。だから、もし見つけた一着は、できるだけ長いシーズン着られるとうれしい。衣替えしない、といっても過言ではないほど、近ごろの気分はシーズンレス。冬に着ることをイメージしながらサテンやコットンの服を選びます」(31歳・自営業)

サマーカシミアとサテンで魅せる

サマーカシミアとサテンで魅せる旬のピンクのグラデーション
サテンのキャミソールワンピを、スカートに見立ててニットをON。サテンとニット、鮮やかなピンクとやわらかいピンク…オシャレ心をくすぐるワクワクな組合せを叶えてくれる。ワンピース¥31,900〈オーガニック バイ ジョン パトリック〉ニット¥39,600〈エクストリーム カシミア〉(ともにロンハーマン)ピアス¥17,600 バングル¥22,000(ともにアダワットトゥアレグ)サンダル¥97,900(セルジオロッシ/セルジオロッシ カスタマーサービス)バッグ¥64,900(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)

理由7.コロナでいわゆる「通勤服」が不要に

→リモートワークに使える、きちんと&楽ちん服を選んで

「コロナ禍を機に出社は激減。買い物だってネットがメインになりました。サイトに〝リモワで使える〟と書かれているものはついポチリ。今までのワードローブにはない、きちんと感があるけれど家で着ていても楽ちん、というアイテムに惹かれます」(36歳・代理店勤務)

カジュアルセットアップは配色の

カジュアルセットアップは配色のさわやかさと好感度でお仕事モードにアレンジ
ノースリーブの深Vトップスとリラクシーパンツの上下セット。リネンのラフさがリモート向き。ブラウス¥31,900 パンツ¥31,900(ともにebure GINZA SIX店)タンクトップ¥7,480(アンクレイヴ)眼鏡¥39,600(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)コインネックレス¥15,400(ヘルミーナアセン/アルアバイル)ピアス¥60,500 リング¥126,500 バングル¥118,800(すべてウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)バッグ¥93,500(ザンケッティ/八木通商ZANCHETTI事業部)

撮影/須藤敬一 モデル/オードリー亜谷香 ヘアメーク/桑野泰成(ilumini)スタイリング/乾 千恵 取材/西道倫子 撮影協力/キンプトン 新宿 東京  再構成/Bravoworks.Inc

『大人女子』関連記事

大人女子におすすめの靴8選【最近、人気のデニムに似合う】

ライフスタイル別「大人女子の苦しくないデニム」6選

大人女子の「白デニム」2021年春の人気モデル、選び方、コーデ

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus