特集

今年の春は「Gジャンを着ない方がいい」5つの理由

Gジャンより薄くてダンガリーシャツよりは厚く、ジャケットとしてもシャツとしても着られる超便利な存在――この春は”デニシャツジャケット”がブームの予感!パンツにもスカートにも似合って、キレイめにもカジュアルにも転ばせられるから、着回し力も絶大。一枚あればかなり重宝する、その実力を証明します!

前回の「白Tシャツ×デニム」はこちら

「白無地トップス×デニム」なのに、なぜかオシャレなコーデ見本❻【白Tシャツ編】

着るだけでヘルシーな空気!ヘビロテ確実の一着で春のオシャレをスタート

たっぷりとしたサイジングとドロ

たっぷりとしたサイジングとドロップショルダーで今っぽい抜け感が出せる一枚。Gジャンを連想させるタックボタンがついていてアウターらしい重厚感も出るから、春のはじまりにぴったり。デニムシャツ¥16,500(ヘルシーデニム/ゲストリスト)スカート¥15,950(SNIDEL/SNIDELルミネ新宿2店)バッグ¥152,900(ロジェ ヴィヴィエ /ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)ピアス¥13,200〈フォークバイエヌ〉バングル¥57,750〈ノース ワークス〉(ともにUTS PR)リング¥22,000(e.m./e.m.表参道店)

“デニシャツジャケット”がこんなにも素晴らしい!5つの理由

1.Gジャンよりキレイめで、しかも楽!
デザインのベースがシャツだからGジャンよりもきちんと見え。ジャケットの窮屈さもなく、着ていて疲れないのもうれしい!
2.一枚何役!?着こなしの幅がすごい!
シャツとして、ジャケットとして、アウターの下にレイヤード役として、肩掛けとして…この汎用性の高さはGジャンでは実現不可能!
3.定番ボトムスも今っぽく変身
トレンドのCPOジャケットに近い存在であり、旬のオーバーサイズもクリアしているから、着慣れたボトムスだって生まれ変わる!
4.シーズンレスに大活躍!
適度な厚さと着回し力でどの季節にも大活躍してくれます。春秋は一枚or羽織りで。夏は肩掛けやエアコン対策に。冬はレイヤード!
5.洗濯もガンガンいけちゃう
Gジャンほど厚くないから洗濯機で洗っても乾きやすい。シワにもなりにくくアイロンいらずで、お手入れが楽なのも最高です。

撮影/小嶋洋平 モデル/松島 花 ヘアメーク/平元敬一 スタイリング/平沼洋美 取材/野田春香 再構成/Bravoworks.Inc

「春コーデ」関連記事

「白無地トップス×デニム」なのに、なぜかオシャレなコーデ見本❷【白スウェット編】

知ってますか?2021年「アンサンブルニット」が再ブームの理由5つ

気温急上昇!大人女子の「トレンド春コーデ」8選【スニーカーほか】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE