特集

オバ見えしない、大人の「春のモノトーン」のルール

ある日のコーディネートチェックのとき、スタイリスト・斉藤美恵さんの〝コレはソフィア・コッポラをイメージしました〟という一言から始まったこの企画。どこかパリっぽくて、一貫したセンスのよさを感じる彼女の着こなしをお手本に、シンプルだけど今っぽい「モノトーン」スタイルを考えてみました。

【全身ユニクロとGUで】簡単「春色ワントーン配色」モノトーン編

❶Iラインでスッキリとミニマムに

基本はシンプルなアイテム同士のワンツーコーデで、複雑なレイヤードや難しいテクニックは必要なし。だからこそ何より大事なのがシルエット。シュッと見えるIラインにこだわるだけで定番黒パンが品よく洗練して見えます。

王道の黒パンスタイルは丸衿ブラ

王道の黒パンスタイルは丸衿ブラウスでひと匙の可愛げ
をノースリブラウスで腕を出すと、よりスッキリ。ポイントは丸衿!色や小物に頼らない甘さが大人。ブラウス¥15,400(アニエスべー)パンツ¥11,000(ノークバイ ザ ライン/ノーク)カゴバッグ¥58,300(ケイト・スペード ニューヨーク/ケイト・スペード カスタマーサービス)サンダル¥30,800(FABIO RUSCONI for ANAYI/ANAYI)時計(スタイリスト私物

❷柄を使うのはドットかボーダーのみ

ボーダーとドット、どちらも気心知れた定番の柄だけど、モノトーンに効かせると程よいアクセントでリッチ見え!ラフすぎず、甘すぎず、な大人仕様の柄使いはまさにお手本

  • ボーダーとドット、どちらも気心

    ×ドット
    オール黒にリズムと奥行き 小ぶりな白ドットが映える!

    しなやかなドットブラウスが黒のパンツルックをフェミニンに。バンドカラーなら程よく今っぽさも加味できる! ブラウス¥24,200(マルティニーク/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町) パンツ¥8,990(プラステ)バッ グ¥135,300(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)シューズ¥27,500(カルチェグラム/デュプレックス)時計(スタイリスト私物)

  • ボーダーとドット、どちらも気心

    ×ボーダー
    黒より白の面積多め!なパネルボーダーで清潔感UP
    デニム合わせだと思いきりカジュアルに転びがちなボーダーをさっぱりクリーンに着こなす秘訣は、白の面積が多めのボーダーにすること。顔周りも明るく、余裕あるリッチカジュアルが楽しめます。ニット¥19,800バッグ¥12,100(ともにアルアバイル)デニムパンツ¥25,300(アッパーハイツ/ゲストリスト)めがね¥34,100(アイヴァン/アイヴァン東京ギャラリー)

撮影/水野美隆(zecca) モデル/鹿沼憂妃 ヘアメーク/渡嘉敷愛子 スタイリング/斉藤美恵 取材/北山えいみ 再構成/Bravoworks.Inc

「モノトーンコーデ」関連記事

気分が上がる! お出かけの日は“春色ワントーンコーデ”が吉。

【コンバース×モノトーンコーデ】シンプル派のきれいめカジュアルを提案!

「白無地トップス×デニム」なのに、なぜかオシャレなコーデ見本❹【白シャツ編】

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus