特集

モデル・有末麻祐子が選ぶ「2021年春のベストデニム」大賞!

自宅や、地元の街などで過ごす時間が増えたこの一年。いかにもなお出かけスタイルはなりを潜め、気になるのは頑張らずともこなれて見える、普段着のデニムコーデ。デニム通で知られるCLASSY.モデル3人の旬の選びとリラックス目線の着こなしとは…今の気分を語ります!

モデル・松島花が選ぶ「2021年春のベストデニム」大賞!

Model's Denim【有末麻祐子】

自分らしいオシャレに導いてくれる 私の着こなしの要

どれだけ着ても飽きることのないデニムって本当にすごい。メンズっぽく、女らしく、王道シンプルに…と、気分に合わせていろんなアプローチを楽しめるのがデニムの魅力です。自分にとってのエッセンシャルなアイテムだから、キャラとは違う甘トップスを着るときや、新しいトレンドに挑戦するときにはまずデニムの力を借りてみる。デニムが核となっていればそれだけで着こなしがちゃんとまとまって私らしくなるから、オシャレに自信がもてるんです。おうちデーにデニムは疲れる、という人もいるけれど、私は平気。リラックスシーンにも欠かせないアイテムです。

  • どれだけ着ても飽きることのない

    気分が上がるヴィンテージ調コーデで家でまったり、サクッとディナーへ…
    はくだけで今の空気感が表現できるこのデニムは色ち買いした自慢の一本。何枚も持っている柄ブラウスはそのまま甘く着ないでバギーデニムで古着っぽくまとめます。
    denim Vicente blouse ISABEL MARANT ÉTOILE bag Old YSL shoes Maison Margiela earrings LAURA LOMBARDI

  • どれだけ着ても飽きることのない

    地元のカフェへ向かいがてら愛犬散歩頑張らないオシャレ具合がちょうどいい
    最近はフレアかストレート。スキニーははかなくなりました。ボーダーにデニムというスーパーベーシックコーデにこそ、感度の高いデニムが欠かせません。denim SERGE dodo bleu cut&sewn OSHIMA REI coat muller of yoshiokubo bag BOTTEGA VENETA shoes CONVERSE

有末麻祐子さん愛用のオシャレアイテム

  • どれだけ着ても飽きることのない

    ブランドも色もシルエットもデニムの食わず嫌いはしません
    そのときどきのブームはもちろんあるけれど、ワンシーズンの中でもいろんなモデルをはくほうだと思います。ちなみに古着も大好物で、これは長くはいている3本です。上から、BOMGO RE/DONE2本(すべて古着)。

  • どれだけ着ても飽きることのない

    インパクトのあるアクセで「センスいい人」な印象に
    デニムがベースの着こなしはシンプルに見えがちだからアクセ盛りめが基本。ピアスは上から〝マリア・ブラック〟〝エレンディーク〟のセレクト、手前のピアスとチェーンは〝LAURA LOMBARDI〟。右のブレスは〝EINS by Grosse〟。

※掲載商品はすべて私物です。各ブランド、ショップへのお問い合わせはご遠慮ください。

撮影/菊地 史(impress+) モデル/有末麻祐子 スタイリング協力/中村真弓  取材/西道倫子 撮影協力/バックグラウンドファクトリー 再構成/Bravoworks.Inc

「デニム」関連記事

春に買うのにおすすめな、2つの「大人向けデニム」【コーデ見本つき】

「全身ブルー」をダサく見せないコツって…?【簡単コーデ見本3つ】

5大コスパブランドの「春デニム」で着回しコーデ10選【ユニクロ、GU、ZARA、H&M、無印】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus