特集

アラサーのあるあるNGコーデ図鑑「おばさん見えアンサンブルニット」

「なんだか最近、コーデが決まらない」なんて悩みがある人は、アイテム選びやコーデ術を見直すべきタイミングかも!? このまま放置しておくと、おばさんっぽい・古臭い・イタい・太って見えるなんて可能性も。そこで、アラサー世代に向けてこの時期「やりがちなNGコーデ」をテーマに、定番からトレンドアイテムまで、センスよく着こなすテクニックを連載形式でお届け。
2021春版、第8回目は、老け見え率高めな「アンサンブルニット」の改善方法をレクチャー!

昨日のNGコーデ

アラサーのあるあるNGコーデ図鑑「脚が太く見えるデニム」

おばさん化するアンサンブルニットコーデの原因は?

こんなコーデしてませんか? ア

こんなコーデしてませんか?
アラサー女子のNEWベーシックアイテムとして仲間入りしたアンサンブル。セットで着るだけで上半身のコーデが完成するからワードローブにワンセットあると便利ですが、一歩間違えることコンサバ感が悪目立ちして古くなる恐れも……。キレイめなアイテムだからこそ、今っぽさを盛り込んだデザインで選んだり、スタイリングでラフに仕上げることが、おばさん見えを防ぐテクニック。

実は「アンサンブルニット」のアイテム選びも大切!

Point ・どコンサバに陥ら

Point
・どコンサバに陥らない遊びのある色
・インナーはラフに仕上がるノースリを
着回し力重視でベーシックカラーを選ぶと、一気におばさん化が進むので要警戒。そもそもキレイめなアイテムなのでいっそのこと、遊びのある色やトレンドカラーで取り入れる方がコンサバ感もセーブでき、今っぽい仕上がりに。ラフに着こなせるノースリタイプなら、これからの時期の活躍度大。リブクルーネックフレンチスリーブニット¥12,100リブVネックカーディガン¥14,300(ともにデミルクス ビームス/ビームス ハウス 丸の内)

正しいコーデの例は...

  • Point ・どコンサバに陥ら

    着こなし例❶
    たっぷりしたマキシスカートと一緒なら、女っぽさとリラックス感を両立
    コンサバに陥りがちなアンサンブルニット×スカートのコンビも、分量感のあるマキシスカートを投入すれば、かしこまった印象にならずラフなムードに。華やかなピンクのアンサンブルニットなら、ベーシックカラーのボトムスを合わせるだけでサマになり、シンプルコーデの物足りなさも解消。ラップロングスカート¥28,600(TICCA)バッグ¥40,700(VASIC/ヴァジックジャパン)フラットサンダル¥13,200(W&M/インドル)

  • Point ・どコンサバに陥ら

    着こなし例❷
    ×グレーデニムで理想のキレイめカジュアルが簡単に
    デニムやスニーカーのカジュアルアイテムを大人っぽく受け止めるのも、キレイ色アンサンブルの魅力。カーデの肩掛けで着こなしに奥行きを出せば、難なくスタイルアップ。グレーデニム¥34,100(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)バッグ¥9,790(CHARLES & KEITH/CHARLES & KEITH JAPAN)スニーカー¥7,700(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)サングラス¥50,600(カトラー アンド グロス/サンライズエージェント)

毎回多くの反響をいただく「アラサーのあるあるNGコーデ図鑑」。次回も毎日の着こなしをブラッシュアップするテクニックをお届けする予定なので、お楽しみに♡

【お問い合わせ先】インドル☎︎03-5808-3977 ヴァジックジャパン☎︎03-6447-0357 コンバースインフォメーションセンター☎︎0120-819-217 サンライズエージェント☎︎03-6427-2676 シチズンズ・オブ・ヒューマニティ☎︎03-6805-1777 CHARLES & KEITH JAPAN https://charleskeith.jp/ TICCA☎︎076-221-5355 ビームス ハウス 丸の内☎︎03-5220-868
撮影/草間智博<TENT> イラスト/室木おすし スタイリング/田臥曜子 取材/坂本結香 編集/菅谷文人(CLASSY.ONLINE編集室)

◆あわせて読みたい「あるあるNGコーデ」

アラサーのあるあるNGコーデ図鑑「ワンピが着太りする」

アラサーのあるあるNGコーデ図鑑「盛りトップスが園児」

アラサーのあるあるNGコーデ図鑑「シアーシャツがエロすぎ」

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE