特集

2021年春に「買ってもOKな白デニム」の特徴3つ

カジュアルと清潔感を両立する白デニムはいつだってコンサバ派の強い味方。でも、ずっと大好きな定番アイテムだからこそアップデートが必須です。色や形を更新するだけで、気持ちも着こなしもぐっと新鮮に。定番だけど新しい白デニムで、もっとカジュアル上手になれる予感!

◆あわせて読みたい

「フレアパンツ」をはくと大人コーデが今っぽくなる理由

更新すべき代表デニムはBLACK BY MOUSSYの〝JAVA〟

「ブラックコーヒーが似合う女性」をコンセプトにしたデニムは大人のキレイめカジュアルにぴったり。清潔感はそのままに、こなれたムードも纏えるJAVAは発売以来大人気の型。

デニムパンツ[JAVA]¥16

デニムパンツ[JAVA]¥16,500(ブラックバイマウジー/バロックジャパンリミテッド)ニット¥28,600(マラミュート/ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店)バッグ¥12,100〈フラッグシップ・公式オンラインストア限定〉(ロンシャン/ロンシャン・ジャパン)シューズ¥64,900(レペット/ルック ブティック事業部)

特徴❶優しいエクリュカラー
ちょっと黄みがかった生成り色が更新感あり。デニムカジュアルもどこか女っぽく優しい雰囲気に。
特徴❷ゆとりのあるテーパード
腰回りや腿のあたりにゆとりがあって細すぎないテーパードがスキニーより断然こなれて見えます。
特徴❸ハリ感のある硬め素材
ストレッチのきいた薄い生地より、ややハリのある生地が肉感を拾わずスッキリはける!

撮影/水野美隆(zecca) モデル/鹿沼憂妃 スタイリング/斉藤美恵 ヘアメーク/渡嘉敷愛子  取材/北山えいみ 再構成/Bravoworks.Inc

「デニム」関連記事

アラサー女子の超定番デニム「リーバイス」着こなし研究【503B編】

GUで2021年こそ挑戦したい「デニム」ベスト3【1,800名が回答】

ユニクロ新作をアラサー世代がダサく着ないコツ「デニムセットアップ編」

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus