特集

スタイリストが「雑誌の撮影で必ず使う10枚の服」【❹バンドカラーの白シャツ】

CLASSY.の誌面を飾るアイテムが集結したコーディネートルームとよばれる部屋には担当者や企画内容に関わらず、必ず用意されている、なくてはならない服があります。それは、私たちの真髄である「センスのいいベーシック」「リッチなカジュアル」を形作るハズせない要素。その服とは?なぜ必要?最新ベーシックの今をご紹介します。

◆あわせて読みたい

スタイリストが「雑誌の撮影で必ず使う10枚の服」【❸センタープレスの細身パンツ】

【バンドカラーの白シャツ】

バンドカラーで鮮度が上がる本格リバイバルした白シャツ

しばらく遠ざかっていたシャツが

しばらく遠ざかっていたシャツが一気に盛り返した今シーズン。その気分を後押ししたのがバンドカラーの白シャツです。一枚で着てもよし。重ねても素敵。簡単にこなれ見えするからうれしい!シャツ¥15,000(ブラクトメント/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング渋谷マークシティ店)

💡借りる理由

①ニットやレザーなど旬素材のボトムに
オーバーサイズのものを選ぶのがコツ。カジュアル素材の旬ボトムをクールにまとめてくれるから頼もしい。(中村さん)

②ぴったりだからシャツカラーよりも堅くならずに抜け感が出るから
そのままで着ても普通の白シャツほどカッチリしません。ロンTがわりに差すとキレイめに仕上がるのも今の気分。(栗尾さん)

③衿が邪魔にならずレイヤードしてもすっきり決まるから
衿元がスマートなので、ジャケットのインに着るにも、ニットなどを重ねるにも重宝。裾から出せる長め丈を!(平沼さん)

今買うべき白シャツはビッグサイズのバンドカラー一択

レザーパンツにさらりとON!更

レザーパンツにさらりとON!更新されたカッコよさが持ち味
ヒップが隠れる長め丈だから、細身のレザーパンツでシャープにまとめるスタイルにジャスト。胸部分に切り替えがあるトレンドディテールを盛り込んであり、裾を出したラフな装いでも間が持つのがいい。シャツ¥16,000(ビームス ライツ/ビームス ライツ渋谷)パンツ¥9,900(ノーク)バッグ¥94,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ東京)サングラス¥32,000(アイヴァン/アイヴァンPR)バングル¥3,819(アビステ)

撮影/来家祐介(aosora)〈人物〉、魚地武大(TENT)〈静物〉 モデル/ケリー、鹿沼憂妃 ヘアメーク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/平沼洋美 レイアウト/椚田祥仁 取材/西道倫子

◆関連記事

スタイリストが「雑誌の撮影で必ず使う10枚の服」【❶タートルニット】

スタイリストが「雑誌の撮影で必ず使う10枚の服」【❷ダブルのジャケット】

スタイリストが「雑誌の撮影で必ず使う10枚の服」【❸センタープレスの細身パンツ】

FOR YOU

RELATE TOPICS

FEATURE

CLASSY. Closet

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • CLASSY Plus