特集

【普通っぽいのにすごくオシャレ】CLASSY.リーダーズ佐藤匠のパンツ着回し術

その圧倒的コーディネート力で本誌でも数々の特集が組まれているCLASSY.LEADERSの佐藤匠さん。もっと私服のコーディネートを見てみたいという声にお応えして、この冬のイチ押しのパンツコーデを見せてもらいました。トレンドを押さえつつ、働くアラサーならではのリアルな視点でスタイリングされた着まわし術は参考になること間違いなし! 今回は匠さん的カッコいいカジュアルスタイルに欠かせない「きれいめパンツ」を着回ししてもらいました。

「ここ1,2年はテーパードパン

「ここ1,2年はテーパードパンツがお気に入り。その中でも特に細身のシルエットが着回ししやすくて目が行きます。テーパードパンツ選びのコツはとにかく自分の体型に合うブランドを追求するのみ!私の場合、このBOSSのパンツが相性GOODなのです。骨盤が張っていることと長身なことが私の体型の特徴なのですが、その特徴を絶妙にポジティブに活かしてくれる頼れる一本です!」

【普通っぽいのにすごくオシャレ】CLASSY.リーダーズ佐藤匠のニット着回しテク

❶NOTデニム!あえてきれいめパンツで作る、大人のNEWカジュアル

「デニムでカジュアルなムードを
knit:nissen×takumi sato Bottoms:BOSS bag:STRATHBERRY shoes:Bottega Veneta

「デニムでカジュアルなムードを出すのではなく、30歳になった今年はきれいめボトムスでカジュアルを演出するのが気分です。ポイントは“レディな雰囲気”を意識したこと。シックな色合いに“白”をポイントとして使ったことで、爽やで大人の女性らしい印象に。トップスはゆったりなシルエットを選んで下半身をすっきり見せることで、全体のバランスもよくなります。シューズはサボを選ぶことで、ほんの少しだけ肌見せができてぬけ感が出ている点も、きれいめにまとまりすぎないカジュアルなポイント。このコーデ、足元はスニーカーでもヒールでも合うんですが、スニーカーだとTHE・カジュアルに、ヒールだとカチッとオフィスな感じになるので、間をとってサボにしたという経緯があるんです!」

「バッグもこれまたなんでも合わ

「バッグもこれまたなんでも合わせやすいコーデなのですが、どこか“きれいめムード”を意識して、クリーンな白×ゴールドバッグをチョイスしました。こんな小ぶりなバッグを選ぶ日は、仲良しなお友達とお茶に行ったり、楽しい予定が多いですね!バッグに合わせてグレーニットにあえてゴールドのコインネックレスを。このネックレス実は2019年の冬に行った最後の海外旅行……パリで買ったアイテム。超プチプラなのですが、コインの両面どちらも凝ったデザインでやはりパリクオリティ!たくさんのチャームの中から自分で選び、チェーンの長さも調整してもらったこだわりと思い出のネックレスです」

❷テーパード×スニーカーは、私の定番お仕事スタイル!

「オフィスワーカーではない私の
coat: IRENA knit:DEMYLEE T-shirts:STUNNINGLURE bottoms:BOSS bag: Golden Goose shoes: Golden Goose

「オフィスワーカーではない私の平日スタイルがこちら!テーパードパンツ×スニーカーがここ1、2年の定番スタイルなんです。下半身をすっきりさせるためにニットはボリューム系をチョイスするのが基本。白のニットとネイビーのボトムスを使ったベーシックなスタイルなので、アウターに目をひくポイントカラーを入れました。テーパードパンツには緩めのコクーンシルエットのアウターが相性抜群なんですよ」

「コートの下は白一色と見せかけ

「コートの下は白一色と見せかけて、実はTシャツとVネックニットを重ねてさりげなく奥行きを出しています。そしてYデザインのネックレス始めアクセサリーはシルバーでまとめているのがポイント。バッグは小ぶりでももちろん合うのですが、ざくっとボリューム感のあるシルエットにしたかったので大きめをチョイス。キャンバス地のバッグにすることで、程よいカジュアル感が加わります。」

「このバッグはなかなか被ること

「このバッグはなかなか被ることがない自分らしさが出せるお気に入りで、靴も同様に大好きなゴールデングースでリンクしました。カジュアル&ベーシックなブランドなんですが、ヴィンテージ加工が施されていて、どこかアメリカンテイストも感じさせてくれるイタリアブランドです。ここの小物たちはどれもコーディネートの絶妙なポイントになってくれる頼れる存在。特にこのスニーカーは加工やペイントをオーダーして作った世界に一つだけのものです」

❸“ここぞの日”はベージュ×ネイビーでちょっと先ゆくエレガントなパンツスタイル

「商談の日や人前に立つ日など、
coat: ESTNATION knit:BOSS bottoms:BOSS bag:VASIC shoes:rouge

「商談の日や人前に立つ日など、きちんとした場面ではエレガントを意識したパンツコーデを実践。私の定番カラー・ネイビーとベージュの組み合わせがポイントです。実はインナーに着ているニットもベージュ。ちょっと難易度が高そうな色の組み合わせですが、ネイビーは黒、ベージュは白の代わりとイメージしながらコーディネートすると想像以上に簡単だし、色使いの幅が広がりますよ!シルエットがAラインのポンチョ風のコートは、いつものコーデと変化がついてオススメです。テーパードパンツが細身の場合は、上半身にボリュームがあるとスタイルアップ効果になるのでいいことずくめ!このブーツはパリで買ったヘビロテ中の冬の私定番アイテム。細身ですが皮が柔らかいので履きやすくて、歩き回る日にもガンガン履けちゃいます」

「アクセサリーはカチッとしたバ

「アクセサリーはカチッとしたバッグに合わせて、ゴールドカラー×ヴィンテージライクを意識しました。実はカルティエの時計のベルトもさりげなくネイビーで合わせています」

「バッグはカチッとコーディネー

「バッグはカチッとコーディネートを引き締める最終兵器アイテム。2トーンコーディネートの時に、靴とバッグを同色でまとめるとそのカラーが際立ちすぎてしまうので、今回はネイビーとベージュを半々の印象にしたくて、靴はベージュ・バッグはネイビーにしているのがポイントです」

TAKUMI’s PROFILE

TAKUMI’S PROFIL

TAKUMI’S PROFILE
佐藤 匠 東京出身1990年12月14日 173cm instagram:hello_takumi 

学生時代からそのセンスとコーデ力で数々のコーディネートや特集が組まれているほど。大学卒業後はファッションモールに勤務し、販売から企画、バイヤーまで担当。現在は独立しフリーランスでスタイリング提案や企画・ブランドとのコラボレーションなどもしています。

撮影/中田陽子 モデル/佐藤 匠(CLASSY.LEADERS)ヘアメイク/RYO(ROI)取材/さとうかな子 構成/CLASSY.ONLINE編集室

RELATE TOPICS

FEATURE

HOTWORD
    • 公式Facebook
    • 公式Twitter @classy_online
    • 公式Instagram classy_mag_insta
    • LINE CLASSSY. ハッピーになれるニュースをお届け!
  • MAIL MAGAZINE